「半妖の夜叉姫」のビジュアル(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(8月2~8日)は、「鬼滅の刃」の玩具「鬼滅の刃 DX日輪刀」が発売されるニュースや「半妖の夜叉姫」の声優陣が発表された話題などが注目された。

 8月2日、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督、10月16日公開)で、歌手のLiSAさんが主題歌「炎(ほむら)」を担当することが分かった。LiSAさんはテレビアニメ版の主題歌で大ヒットした「紅蓮華(ぐれんげ)」に続き、主題歌を担当することになった。「炎」は、梶浦由記さんが作曲、梶浦さん、LiSAさんが作詞を担当した。

 3日、アニメ「のんのんびより」「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」などで知られるアニメ制作会社「SILVER LINK.」が、朝日放送グループホールディングスの子会社になることが分かった。

 3日、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で堀越耕平さんが連載中のマンガが原作のアニメ「僕のヒーローアカデミア」の新作エピソードが、8月16日にHuluなど有料動画配信サービスで世界同時配信されることが分かった。新作のタイトルは「生き残れ!決死のサバイバル訓練」で、テレビアニメ第3期の「プロヒーロー仮免取得試験編」の直前のストーリーが描かれる。

 5日、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の新作テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」に声優として緒方賢一さん、降幡愛さんが出演することが分かった。緒方さんは主人公ダイの親代わりの鬼面道士ブラス、降幡さんはゴールデンメタルスライムのゴメちゃんをそれぞれ演じる。アバンストラッシュの構えを取るダイや、ポップ、マァム、アバンらを描いたキービジュアルも公開された。

 5日、高さ約18メートルの動く実物大ガンダムを設置する「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」の進行状況を発表する特番「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA 進捗報告会」がYouTubeのガンダムチャンネルで配信された。動く実物大ガンダムは、横浜・山下ふ頭にオープン予定の「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に設置され、年内のオープンを予定している。7月29日には、山下ふ頭でガンダム本体の頭部が取り付けられ、ガンダム本体が完成したといい、今後はオープンに向けてモーションを調整する。

 5日、アニメ「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の武器の玩具「鬼滅の刃 DX日輪刀」(バンダイ)が10月31日に発売されることが分かった。花江夏樹さん演じる竈門炭治郎の「全集中!水の呼吸 壱ノ型!水面斬り!」「ヒノカミ神楽!円舞!」など50種のせりふや型の効果音を収録する。価格は6380円。

 5日、鈴木央(なかば)さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」が、テレビ東京系で2021年1月から放送されることが8月4日、明らかになった。最終章は、10月の放送を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、延期が発表されていた。メリオダス、エリザベス、ホーク、ディアンヌ、バン、キング、ゴウセル、マーリン、エスカノールが集結したティザービジュアルも公開された。

 5日、テレビアニメ化、実写映画化もされた人気マンガ「ヲタクに恋は難しい」(一迅社)の最新9巻が発売され、電子版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数が1000万部を突破したことが分かった。同作は、2015年4月に発売されたコミックス第1巻の初版が約8万部で、約1年で累計発行部数が100万部突破。その後、約5年で1000万部の大台に達した。

 5日、「月刊少年マガジン」(講談社)で連載中の津軽三味線×青春がテーマのマンガ「ましろのおと」がテレビアニメ化され、2021年4月に放送されることが分かった。島崎信長さんが、主人公で青森から単身上京してきた高校生・澤村雪の声優を務める。「からかい上手の高木さん」などの赤城博昭さんが監督を務め、シンエイ動画がアニメを制作。津軽三味線奏者の吉田兄弟が津軽三味線監修を担当する。澤村雪がライブハウスで津軽三味線を演奏する姿を描いたティザービジュアルも公開された。

 7日、人気アニメ「ガンダム」シリーズの第1話を集めたスペシャルセレクションが、BS11で10月から毎週金曜午後7時に放送されることが分かった。同午後7時半から「SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors」を放送する。

 7日、「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「100万の命の上に俺は立っている」が10月2日からTOKYO MX、MBS、BS11、WOWOWで順次放送されることが分かった。声優として斎藤千和さんが出演することも発表された。斎藤さんは、主人公・四谷友助が異世界で出会う騎士カハベルを演じる。四谷友助やモンスターが登場するキービジュアル、PVも公開された。中国・上海の人気コスプレーヤーLiyuu(リーユウ)さんがエンディングテーマ「カルペ・ディエム」を担当する。

 7日、高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の続編となるテレビアニメ「半妖の夜叉姫」が、10月3日から毎週土曜午後5時半に読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが分かった。3人のヒロインの声優として松本沙羅さん、小松未可子さん、田所あずささんが出演することも発表された。松本さんが殺生丸の娘で妖怪と人間の血を引く半妖の少女・日暮とわ、小松さんがとわと双子のせつな、田所さんがかごめと犬夜叉の娘・もろはをそれぞれ演じる。

 7日、講談社のマンガ誌「少年マガジンR」とマンガアプリ「マガポケ」で連載中のクール教信者さん原作のマンガ「ピーチボーイリバーサイド」が、2021年7月にテレビアニメ化されることが分かった。「彼女がフラグをおられたら」などの上田繁さんが監督を務め、旭プロダクションが制作する。白石晴香さんが桃の力に目覚めた元小国の姫・サリー、東山奈央さんが桃の力を有した“魔物狩り”と呼ばれる少年・ミコトをそれぞれ演じる。