純正オプションのオーバーフェンダーがあった! レーシングパーツで固められたSR311|68年式 ダットサン フェアレディ 2000 Vol.2

映画の中にしか登場しないようなオープンカーが(ちょっと無理すれば)当時の若者でも手に入れることができたダットサン フェアレディ 2000。

 オーナーの齊藤直基さんもそんな若者の一人だった。学生時代に友人の兄が乗っていたSR311に憧れていたが、ラジオ、ヒーター付きで91万円という価格は、簡単に手の出せるものではなかった。当時からライトウエイトスポーツ好きだった齊藤さんは、TE27レビン、TE37レビン、TE71カローラ、AE86レビンとトヨタの4気筒ライトウエイトスポーツを乗り継いできた。

そんな中、友人がレースで使っていたSR311を譲ってもらうことになった。これをフルレストア。ボディカラーはR32スカイラインGT-R純正のガングレーメタリックにオールペイントした。

 このボディに東名自動車製の76度ハイカムを組み込んだ2.1Lレーシングエンジンを搭載。吸気はソレックスⅡ型のφ50mm、タコ足はワンオフのステンレス、排気はノーマルに近いカタチに作ったワンオフのマフラーを装着した。

もともと付いていたSR純正オプションのオーバーフェンダーに合わせて、純正オプションに近いカタチのフロントスポイラーを製作し、装着。当時のレース車両の雰囲気をかもし出す、レーシングSR311を完成させたのだった。

オーバーフェンダーとRSワタナベの8本スポークホイールなど、全ての画像を見る