武井壮 止まらぬピアノ熱「俺にとってピアノが弾けることは嫉妬の対象でしかない」
禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月27日(月)のお客様は、タレントの武井壮さんとピアニストの清塚信也さん。清塚さんの演奏に影響を受けてピアノ熱が上がっている武井さん。そんなお2人が深夜に熱く語り合ったこととは?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)清塚信也さん、武井壮さん、アキボト



◆武井壮、ピアノに激しく嫉妬

武井:俺のピアノ熱みたいなのは2人のクラシックピアニストがきっかけだから。

清塚:2人ということは、私ともう1人は?

武井:もう1人は反田(恭平)くん。先に反田くんと番組で出会っていて。で、演奏を聴かせてもらって情熱的にピアノを弾く彼の若いパッションにグッとやられて。で、その日にピアノを買って。

清塚:反田くんの演奏で感化されてまずピアノ買ったんですね!?

武井:そうです、善は急げどころか、ものにならなくてもいいのよ。だけど、やっぱり触ってみてあんな音が出る道具を放っておくのが嫌なのよ。だから俺、清塚くんの作曲した曲を聴いたときとか、ライブを観たあとにすごい影響されて、めちゃめちゃピアノを触ったのよ。

清塚:アハハ!

武井:俺はスポーツが得意じゃない? だから地球上のどのスポーツもそのスポーツを楽しむフィールドに行けば、俺の身体能力ならもう全部、すごく楽しめるわけ。だけど、ピアノはそうはいかないから、すごくジェラシーがあって。俺も最初は清塚くんとか反田くんの演奏を見て、「俺はこの人たちより全然楽しめないんだ」って思ったらすごいショックだったの。しかも、あれは言葉も何もいらない。(ピアノがある場所に)行って奏でるだけで、そこにいる全員が「ほぉおお」ってなるじゃん。地球上であれがどこでもできるということは、俺にとってはもう嫉妬の対象でしかない。

清塚:アハハ! ハングリーすぎない? いいでしょう、それだけいろいろできれば。

◆ホテルで、バーで…勝手にピアノを弾いて怒られる

清塚:確かにピアノがある場所はホームだっていう感じはするけどね……3回ぐらい人生で勝手に弾いて怒られたことはあるけど。

武井:そうなの? どこで?

清塚:ホテルとかバーで勝手に弾いて、怒られましたよ。あとはそのときにいた意中の女性、落とそうとしていた女性に向けて、口説く代わりに(ピアノを)弾いてやろうと思って。勝負ですよ、こっちは20歳かそこらなので。それで弾いたんだけど、当の本人から怒られたこともある。「恥ずかしい」と。「大体ピアニストの技術で、ガチでこういうところで弾くんじゃない」って。

武井:あぁ、そういうこと(笑)? 今だったら選曲も含めて完璧なちょっと抑え気味な、とかいろいろできるわけでしょ。若い頃はちょっとひけらかすことってあるよね。俺もやけに速く街を走りたいときにあったもん。ガードレールをハードルっぽく飛び越えてみたりしていたよ。

清塚:そんなことする(笑)!?

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月6日(木)三枝成彰さん×和田秀樹さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/