トランプ大統領のTikTok禁止、米国内のネット右翼はどう受け止めた?

トランプ米大統領のTikTok利用禁止をめぐる発表は、数多くのクリエイターたちの不安をあおり、彼らは即座に公の場で抗議しはじめた。普段は大統領を擁護するネット右翼のインフルエンサーたちでさえ、その判断に異を唱えた。

「今回の判断には断固賛同できません」とConservative Hype House(著名な右派クリエイターのグループ)のメンバーであり、TikTokで140万人のフォロワーを擁するCameron HigbyさんはこのようにTikTokに投稿したものの、トランプ大統領を名指しで非難することはなかった。

慌てた右派クリエイターの多くは、別のSNSプラットフォームでアカウントを見つけてフォローしてねといった内容のコンテンツをTikTokに投稿した。しかしながら、こうしたクリエイターたちに本誌が取材を申し込んだ頃には、彼らは驚くほど落ち着いた様子だった。同アプリの利用禁止によってZ世代の多くが政治にもっと関心を抱くようになるという予測に反し、今回の件によって大統領に対する見方が変わるようなことはないと右派クリエイターは主張した。

【画像】Z世代が動物の着ぐるみにハマるのは「自分らしくなれるから」(写真3点)

Republican Hype House(Conservative Hype Houseとは別の右派クリエイターのグループ)のメンバーで、11万5000人のフォロワーを持つAce Echolsさん(19)は、大統領が示唆したTikTokの利用禁止を「国益と安全のため」と正当化した。多くの専門家が主張しているように、今回の件は反中国感情に付け込もうとする大統領の思惑が原動力になっているとしても。オクラホマ州タルサの選挙集会で大々的に行われたチケットの買い占めや、ブラック・ライヴズ・マター(BLM)抗議活動の円滑化に対する報復行為として大統領はTikTokの利用を禁止しようとしているのでは、という左派活動家の考えに対し、Ace Echolsさんは概して否定的だ。

「今回の件で右派クリエイターのトランプ大統領に対する見方が変わったとは少しも思わない」とAce Echolsさんは述べ、11月の大統領選ではトランプ氏に投票するつもりだと言い添えた。

@americantruth Goodbye ##greenscreen ##RamsayReacts ##LookalikeEdit ##maga ##trump2020 ##fyp ♬ Falling - Trevor Daniel

見渡す限り、Z世代による政治的なコンテンツはTikTokにあふれている。Z世代が左寄りであることを理由に、こうしたコンテンツの多くは左寄りのものだった。その一方、右派クリエイターにはニッチを好むフォロワーが集まり、Conservative Hype HouseやRepublican Hype Houseといったグループに加わってお互いのコンテンツのプロモーションを図るといった動きもある、自らを保守派と名乗るのは、セルフプロモーションの観点では抜け目のない戦略である。なぜなら、インフルエンサーに憧れるこうした人々は、大多数の左寄りのインフルエンサーたちとの差別化が図れるから。


TikTok以外のプラットフォームに乗り換える右派クリエイターも

以前にも本誌が取り上げたように、TikTokはピザゲート(2016年の大統領選機関に広まった、ヒラリー・クリントンの関係者が人身売買や児童性的虐待に関与しているという陰謀論)や反ワクチンといった極右的な陰謀論の拡散を放置したとして非難されてきた。だが、筆者がインタビューした右派クリエイターたちは、TikTokが右寄りのコンテンツに対していつになく厳しく、彼らのコンテンツの大半をプラットフォームから削除したとして怒りをあらわにした。

BLMを揶揄するコンテンツや”ANTIFAによる暴力”を非難するコンテンツを投稿し、5万8000人のフォロワーを持つクリエイターのVicente Byrneさんは、コンテンツの約10パーセントがTikTokから削除されたと語った(エプスタイン被告の元友人ギレーヌ・マクスウェル被告に関する最新の動画も含め)。Vicente Byrneさんは、TikTokの利用が禁止されれば、Instagramがローンチ予定のTikTokふうの競合短時間動画アプリInstagram Reelsへの乗り換えを検討している。「Facebookが保守派フレンドリーな企業だとは思わないけれど、そこまで心配してないよ。TikTokでは毎回コンテンツを削除されるけど、InstagramやFacebookではそんな経験はないから、僕からすれば、TikTokよりこっちのほうがいい」と彼は語った。

【画像】ジョンベネちゃん殺害事件とエプスタイン元被告を結びつける陰謀論

来たるTikTok利用禁止を前に多くのブランドがメインストリームのクリエイターたちとのコラボレーションから手を引いた一方、右派クリエイターたちが置かれている状況は異なる。というのも、そもそもブランドは政治色の強いクリエイターと仕事することに対して及び腰なのだから。右派クリエイターのなかにはトランプ派の学生団体やグッズ&アパレルブランドと仕事をする者もいるが、政治色の強いクリエイターが敬遠されるからこそ、彼らはメインストリームのクリエイターほどTikTokに頼りきっていない。「そこまで慌ててないよ。だって、ほかの選択肢もあるから」とAce Echolsさんは言う。「神様が、より良い方向へと導いてくれるさ」

Ace Echolsさんが言う選択肢のなかには、Trillerも含まれる。TikTokに似た短時間動画投稿アプリは先日、人気TikTokユーザーが集まるSway Houseのメンバーであり、TikTokクリエイターのJosh Richardsさん(フォロワー数:2000万人)をデジタル戦略のチーフオフィサーに迎えたと発表した。そのほかのユーザーは、8月初旬にローンチされるInstagram Reelsを待っている状況だ。右寄りのユーザーが好んで使うParlerは、反検閲プラットフォームを自称することでますます人気を博している。

当然ながら、マイクロソフトの買収が成功すれば、インフルエンサーたちに代わって我々が検証してきたことは無駄になるだろう。だが、トランプ支持という見解が見受けられるプラットフォームに大統領自身が反対することに懸念を抱く右派インフルエンサーは少数だ。結局はVicente Byrneさんが小馬鹿にして言うように、「SNSが使えないからといって誰もジョー・バイデンに投票しない」のだ。