厚労省、こころ社のCBDから違法成分を検出 エリクシノールに続き2社目

厚生労働省は7月28日、大麻草由来の成分カンナビジオール(CBD)の製品の販売や原料の卸売りをする、こころが扱う製品から、違法成分テトラヒドロカンナビノール(THC)を検出したと公表した。今年2月に公表されたエリクシノールに続き2社目となる。

「CBDオイルPro」シリーズ5品目から微量のTHCが検出された。同社が今年1月、厚労省に「製品にTHCを含有している可能性がある」ことを報告。これを受けて、厚労省は5月に製品を検査し、6月に5品目から微量のTHCを検出したという。
 
こころの北條社長は、「ライバル企業が当社の製品を勝手に分析し、昨年7月にTHCが混入している可能性が浮上したため、厚労省に自己申告した。3月に製品を厚労省に提出している」と経緯を説明した。
 
厚生労働省・監視指導麻薬対策課によると、「抽出されたTHCが『大麻』に該当する疑いの段階であり、意図して違法成分を含有しいた訳ではないので立件などは難しい」(大澤一利課長補佐)としている。