ビーボ、乾燥肌ケアの薬用乳液発売 新ブランドで月商1億円狙う

化粧品やサプリのECを展開するビーボは7月14日、新化粧品ブランド「MICHIRU(ミチル)」から、薬用乳液を発売した。30~40代の「超々乾燥肌」に悩みを持つ女性がコアターゲット。1年後の2021年7月までに、月商1億円のブランドに育てる計画だ。
 
「MICHIRU」の薬用乳液「ドライスキンホワイトミルク」は、保湿と美白機能を備えたオールインワンミルク。保湿・肌荒れ予防・シミ予防のために、「ヘパリン類似物質」など3種類の薬用成分を配合している。
 
ビーボはこれまで、女性のライフステージに合わせたヘルスケアブランド「BELTA(ベルタ)」を展開し、女性のブライダルダイエットや、妊活・妊娠中・産後をケアするための、ドリンクやサプリを展開してきた。
 
新ブランド「MICHIRU」のターゲットは、「BELTA」と異なる。家事や仕事で忙しい女性をターゲットにしていくという。高機能・高品質な製品を使って時短でケアをしたいという人にアプローチする戦略だとしている。
 
商品のPRに当たっては、既存の「BELTA」の定期ユーザーにクロス提案を行う。インスタグラムなどのSNS広告を中心に、新規顧客の獲得を進める計画もあるとしている。