7月29日放送のMBSラジオ『アッパレやってまーす! 水曜日』(22:00~)のエンディングで突然降板を直訴した女優でグラビアアイドルの小倉優香が、5日放送の同番組を欠席した。

小倉優香

番組冒頭、ケンドーコバヤシ、アンガールズの山根良顕と田中卓志、AKB48の柏木由紀があいさつ。ケンコバが「先週のエンディングで衝撃的な…」と振り返ると、田中も「芸能史上で一番ひりつく場面」と苦笑い。そして、ケンコバは「とりあえず今週はちょっと小倉さんは帰られたということで…」と小倉の欠席を伝えた。

小倉は7月29日の放送で、終了間際に「朝早く起きて夜早く寝る生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と降板を直訴し、共演者らを驚かせた。