10代の少女たちを刺激、TikTokで拡散される「プチ断食」の危険な実態

TikTokの動画広告に登場する若く美しい女性たちがこう言う。「みんなによく聞かれるんです……どうしたら体重をキープできるの? 何も気にせず、たくさん食べてるのに。どうしたらそんなきれいな肌になれるの? 答えは簡単……プチ断食!」。すると、プチ断食アプリFasticがスクリーンに現れる。

断続的な断食、いわゆる「プチ断食」は、ジャック・ドーシーをはじめとするシリコンバレーの大物やコートニー・カーダシアンなどのセレブたちがプッシュしていることもあり、ここ数年話題のダイエット法だ。元ポルノ女優のジェナ・ジェイムソンも、プチ断食のおかげで「体型改造」し、女性向けの健康サイトでさんざん取り上げられた。その定義は様々だが、基本的には1日のある一定時間――場合によっては24時間――食事を控え、その後はいつも通りの食事をする。あるいは週5日は普段通り食事をして、残り2日は1日の摂取カロリーを500カロリーに制限するというものだ。

「”健康”とか”デトックス”とかいう婉曲表現が、ダイエットの代わりに使われているんです」と言うのは、摂食障害の認定専門家ミシェル・カバス氏。ある程度健康にいい効果が期待できる部分もある、というデータもあるにはある。総合栄養士のブレア・シルヴァーマン氏いわく、医師や栄養士の指導のもとで行えばインシュリン抵抗性やコレステロール値を下げることも。だが、ほとんどの場合は減量目的だ。食事制限が厳しい点はかなり問題だし、「不規則な食生活および/または摂食障害に陥る可能性も非常に高い」という。

確かにプチ断食は、食事が不規則になりがちな人の間ではすっかり定着している。ニューヨークシティの精神科医ニコール・ナガー氏いわく、とくに過食や大食いに悩む人にウケがいい。「こうした人々は、しばしば食生活がコントロールできないと感じています。(こうした人々にとって)プチ断食は a) 確実に体重を落とす方法であり、b) しっかり体系化されていて、食べられるなら食べてもかまわないタイミングと、食べられるけど我慢するべきタイミングを明確に教えてくれるガイドラインなんです。そのおかげで食欲をコントロールできていると実感できるのです」

【動画】「私はプチ断食で大成功しました」とTikTokの向こう側から女性がささやく

プチ断食の広告の人気ぶりは、当然多くのTikTokユーザーの目に留まっている。「TikTokにプチ断食の広告ばっかり出てくるけど、あれ何? 大勢の子どもたちにあんな宣伝するなんて、ちょっとおかしくない?」。あるTwitterユーザーはこう投稿した。「TikTokに大量のプチ断食の広告が掲載されているのを見て、ちょっと心配だわ。ユーザーの大半は10代でしょ……プチ断食にも効果があるのは分かるけど、一歩間違えば拒食症になりかねないのよ」。摂食障害の治療にあたっている人々は、こうしたコンテンツのせいで振り出しに戻る可能性が高まっている、といった批判の声を上げている。


プチ断食アプリ創設者のコメント「断食とはライフスタイル」

プチ断食アプリFasticの共同創設者フィル・ウェイマン氏はローリングストーン誌の取材に対し、TikTokに掲載されたFasticの広告は25~55歳の女性ユーザーをターゲットにしている、と語った。Fasticの広告がプチ断食の二次効果として減量を謳っていることはウェイマン氏も認めたが、「我々はダイエットを推しているわけではありません。むしろダイエットには反対です。我々にとって断食とは、ライフスタイルに近いものなんです」と付け加えた。若くてスリムなモデルを広告に起用した理由を尋ねると、彼はこう答えた。「つまり、太った女性のモデルを使えというのですか? 賛同しかねますね……うちのモデルはみな痩せているんじゃありません。健康的なんです」

全米摂食障害協会(NEDA)のCEOを務めるクレア・ミスコ氏によると、アメリカ人の約3000万人が一生に一度は摂食障害を経験しているという。摂食障害と診断された患者の大多数が若い女性だ(男性の患者が25%を占めるという推計もあるが、摂食障害にまつわる社会偏見が原因で、男性が摂食障害と診断されるケースはめったにない)。精神疾患の中でも摂食障害はもっとも死亡率が高い。回復プロセスのつらさも間違いなくトップクラスだ。推定によれば、拒食症患者の5~10%は症状が現れてから10年以内に死亡すると言われている。全快する人の割合はわずか30~40%だ。

【画像】17歳の美少女、ビアンカ・デヴィンズの短い生涯と拡散された死(写真8点)

ミスコ氏本人も、TikTokがダイエット広告をプッシュしているという批判が摂食障害の患者のコミュニティ内でよく耳にするようになったそうだ。「こうした広告が、不特定多数の人の目にしょっちゅう触れるのが問題です」と彼女は言う。「ですがそれより気になるのは、こうした広告のターゲットは、危機感を覚えて制約ダイエットを推奨するコンテンツを探している人々だと言うことです」。彼女によると、NEDAはTikTokに連絡してこうした懸念を表明したが、返答はないそうだ。

不健全な身体イメージや不規則な食習慣を推奨している、と非難されているプラットフォームはTikTokだけではない。色鮮やかなキヌア・ボウルの画像や、#fitspoというハッシュタグ付きのビキニ姿のセルフィーをプッシュしているInstagramも、「デトックス効果」のあるお茶や、ウエスト矯正グッズ、食欲減退キャンディの広告を打つなど、摂食障害に悩む若者に有害な環境を作り出しているとして、集中砲火を受けている。

だがTikTokが爆発的人気を誇り、オーディエンスが若い女性に偏っていることから、最近は同プラットフォームに批判が集中している。若くてスリムな白人女性クリエイターのコンテンツを優先し、非現実的な身体イメージを定着させている、というのが批判の内容だ。そのうえ同社のアルゴリズムは一度チェックしたコンテンツをお勧めするようにできており、フィットネスやダイエットに関連するコンテンツをチェックすると、名目上は自動的に永続的なフィードバックループが形成される仕組みになっている(#whatIeatinadayといったハッシュタグの閲覧回数は28億回)。こうしたコンテンツの大半は、非常に若い少女が減量のコツを伝授する、という内容だ。


「ただいま24時間断食中! 気分最高!」

情報サイトVoxでTikTokカルチャーを特集したレベッカ・ジェニングス記者はこう語る。「私自身、この手のものを意識的に好んだ覚えはありませんが、それでも自分のフィードに必ず上がってくるんです。なぜなら、私が20代女性だということをTikTokが知っているから。Instagramのブラの広告と同じです――わざわざ登録したわけじゃなくても、いやでも目に飛び込んでくるんです」

TikTokは自社のコミュニティガイドラインで、「pro-ana(拒食症をライフスタイルとして容認する)コンテンツや危険な減量行為を支持するコンテンツ」を厳しく制限している。だが、そうした枠にはまらないコンテンツ――摂食障害をあからさまに勧めているわけではないにしても、不健康なダイエットや食事制限を支持する、グレーゾーンに属するコンテンツ――は見逃されているようだ。例えば#intermittentfastingというハッシュタグの閲覧回数は9780万回。そのなかでも人気の「プチ断食で20ポンド落としました」というユーザーの動画は110万回も閲覧されている。別の動画では、ものすごく痩せたポニーテールのおしゃれな女性が「ただいま24時間断食中! 気分最高!」というテキストつきで、KingMostWantedに合わせて踊っている。

こうしたコンテンツが原因で、過激な食事制限がダイエットに有効なだけでなく、健康的で、社会的にも認められた方法だと思い込むユーザーも出てくる可能性がある。「入手した情報を選別しようとしない、非常に影響を受けやすいオーディエンスもいるんです」と、ナガー氏は説明する。「そういう人たちが飛びつけば、そこから食事や健康に関する不摂生な習慣が始まってしまうかもしれません」

TikTokはこうしたコンテンツへの対策として、昨年NEDAの勧告をうけてInstagramやFacebookがしたように、プラットフォーム上で断食アプリやウエスト矯正具などの商品の宣伝を禁止する広告主向けのガイドラインを策定してもよかろう。18歳未満のユーザーにこうした広告を提供するべきではない、とミスコ氏。「あらゆるプラットフォームで、あらゆるダイエットコンテンツを禁止するのは難しいでしょう」と彼女は言う。「ですが、ユーザーが危険にさらされていることを考慮しなくてはなりません」

あるいはジェニングス氏が言うように、TikTokが先陣を切って展開した誤情報対策キャンペーンのように、教育ツールを活用して警告活動やメディアリテラシーキャンペーンを展開し、危険になるようなコンテンツを若者ユーザーが識別できるよう手を貸す、という手もあるだろう。だがイメージ先行のプラットフォームである以上、有害な身体イメージのコンテンツを完全に排除するためにできることはこれが精一杯だ。「身体イメージを刺激するコンテンツが完全になくなる日は決してこないでしょうね」とジェニングスも言う。

from Rolling Stone US



@diala.aaa This is what worked well for me..feel free to ask on anything youre confused about##workout##intermittentfasting ##workouttips##fyp##foryou##selfcare ♬ Tadow - Masego & FKJ


@cammy..lmao This a few, but I practiced these ones a lot ##fyp ##weightloss ##glowup ##workout ##food ##TravelMemories ##intermittentfasting ##foryoupage ##healthyeating ♬ original sound - walkinator