日用品・家電ECサイト、使いやすさ1位はビッグカメラ トライベック・ストラテジーが調査

メール配信などのプラットフォームを提供するトライベック・ストラテジーは8月5日、「スマートフォン版ECサイトランキング〈日用品・家電編2020〉」のユーザービリティー調査の結果を発表した。1位はビッグカメラのECサイトだった。

新型コロナウイルスの影響で、日常的な買い物にECを利用する人が増えており、調査を実施した。

ビックカメラは、初めての利用者でも使いやすいユーザビリティーの高さや、画像付きのカテゴリーリストなど、トップページの明快性が評価につながった。閲覧履歴に応じた商品のお薦めなど、商品を選びやすい工夫をしている。2位は楽天の「楽天市場」、3位はアマゾン、4位はヤマダ電機だった。

マーケティングプラットフォーム事業部は、ビックカメラを筆頭に、「(EC展開に)早くから取り掛かって、長い時間をかけてアップデートしている企業は総じてスコア(評価)が良くなるのではないか」と話している。

調査は日用品や家電品を取り扱う10社の公式スマホECサイトを対象に、使い勝手や安全性などをそれぞれ評価。今年6月下旬から7月上旬にかけて実施した。