King Gnu井口理、映画「劇場」を観て「ちょっと考えられないくらい嗚咽してしまった」
禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月15日(水)のお客様は、又吉直樹さんの小説を実写映画化した「劇場」の監督をつとめた行定勲さんと、同作に出演したKing Gnu井口理(いぐち・さとる)さん。7月17(金)から全国20館のミニシアターとAmazonプライムビデオで全世界同時公開された同作と、King Gnuの活動について語りました。
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)King Gnu井口理さん、行定勲監督



行定:「劇場」観た?

井口:ちょっと考えられないくらい嗚咽してしまいました。感動して。自分が出ているということは差し置いて、ものすごく感動してしまった。(山崎賢人さん演じる主人公の)永田が自分と重なる部分があるというか。永田が売れない劇団をやっているようなところを、過去の自分に重ねてしまって。たぶんエンターテインメント業界にいる人は、全員泣くんじゃないですか?

行定:先日、この映画を観た人が「夢を持った人は、みんなどこかに引っかかってくる映画だよね」と言っていた。

1年ちょっと前くらいに「劇場」のキャスティングをして、井口には1日だけの撮影に来てもらったんだけど、“こんなに、あっという間に売れるんだ”と思った。だって、あのときは紅白の“こ”の字もなかったじゃない?

俺は以前からKing Gnuを知っていて、ライブなどを観て“すごいな、このバンド。めちゃくちゃかっこいいじゃん”“これは来るね”って言ったところで、世の中はそんなに簡単についてこないだろうと思っていたら、あっという間に売れた。本物や突き抜けている奴は来るんだなと思った。

ちなみに、バンドをやっていたら“夢は武道館”とかあるじゃない? そういうのを叶えたという実感はある?

井口:結局、もっとパーソナルなところに辿り着いちゃって。“自分にとっての本当の幸せってなんだろう……”とか。

行定:そんなこと言うの(笑)? でも、それを言えるのはすごいね。

井口:本当ですか(笑)?

*  *  *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月4日(火)ノゾエ征爾さん(劇作家)×バッファロー五郎・竹若元博さん
8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/