Aぇ!group

8月22日(土)、23日(日)に放送される『24時間テレビ43』(日本テレビ系)のytvスペシャルサポーターとして、関西ジャニーズJr.のAぇ!group(正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉)の出演が決定。これに先立ち、8月3日に読売テレビで「Aぇ!group ytvスペシャルサポーター就任インタビュー」が行われ、6人が『24時間テレビ』に対する思いや意気込みを語った。

まずは、スペシャルサポーターに選ばれた率直な感想を尋ねると、末澤は「驚きましたが、去年はなにわ男子、そして今年はAぇ!groupがやらせていただけるのは光栄です。『24時間テレビ』を通してAぇ!groupも成長したいし、僕たちから少しでも視聴者の方に温かさ、ぬくもりを伝えられたらいいなと思います」と感慨深げ。

草間は「『24時間テレビ』は、ジャニーズの方が関わっているイメージがあるので、出演するのは夢でした。正直、去年のなにわ男子が羨ましかったので、『おお、ついに僕らに来たか!』とうれしかったですね」とにっこり。また、「今の状況だからこそ、関西から元気に盛り上げていこうと、僕らを選んでいただけたこともうれしかったです」と語った。

佐野は『24時間テレビ』との意外な縁を。「僕が小学生の頃、2012年の『24時間テレビ』で、当時、嵐の松本潤くんが指揮を勉強するために指揮者の方のもとを訪ねる企画があったんです。僕はその時、その指揮者の方がプロデュースするオペラに出演していて、僕が歌っている姿を見た松本くんが『お前、よかったよ』ってハグしてくれたんです。松本くんは、僕が生まれて初めてお会いした芸能人で、『24時間テレビ』が生まれて初めて見たテレビ収録です。だから今回は自分が出演する側になり、感慨深いです」と明かし、メンバーは「初めて聞いた!」「その話、すごいな!」「今までよく隠してたな!」と驚いた表情でザワザワ。

小島は「めちゃくちゃうれしかったです。毎年家族と見る番組に出演するなんて、まだ不思議な感じで実感が湧いていないかも」とうれしそう。

福本は「今、コロナの影響で思うような生活できない方や、困っている方がいると思います。エンタメの世界で生きている自分としては、そういう方々に元気を届けたいという気持ちがあって、こんな大きな番組でその機会が巡ってきたことがうれしいです」と熱く語った。

正門は「今回のテーマは、世の中の状況にぴったりの『動く』。当てはまる人がたくさんいると思うし、今だからこそ意味のあるテーマだと思います。僕らだけじゃなく、視聴者の皆さん、この番組に携わる方全員で足並みを揃えて一歩動き出せたらと思います」と真っ直ぐな目で語った。

また、『24時間テレビ』の思い出や印象に残っていることを聞くと、福本は昨年の「嵐×高校生 ブラスバンド甲子園」をピックアップ。「応援の力ってすごいなと思いましたね。高校生のエネルギーと、嵐さんのオーラ。まさに『24時間テレビ』でしか見られないコラボだったのでそれがすごく印象に残っています」とふり返った。

正門は「僕が好きなのは、ロケですね。ジャニーズの先輩がロケに行った先で、『メンバーで誰が好き?』と聞いた時、名前が挙がったら喜んでたり、反対に名前が出なかったり……。そのくだりがとても好きです。自分たちもいずれそういうロケに行けたら、『これこれ!』というのを体感してみたいです」とうれしそうに語った。

末澤は、Aぇ!groupで衣装を担当していることもあり、チャリTシャツを挙げ、「大野(智)くんがチャリTシャツのデザインをしていたので、自分もいずれそういうことに挑戦してみたいなと思いました」と語った。

すると草間が「じゃあ僕は、そのTシャツの絵を描きたいと思います。(末澤は)絵が下手なので」とメンバーを笑わせ、末澤も「一緒にやるか!?」とノリ気な様子。続けて草間は「もうひとつはダンスです」と答え、「僕はダンスが好きなので。それに『24時間テレビ』のダンス企画は結構大人数で踊ったりするので、いつか一緒に踊ってみたいですね」とにっこり。

佐野は「関ジャニ∞さんと嵐さんが2組で対決したことがあったと思うんですが、2組がそろうのをあまり見たことがなかったので僕にとっては夢のコラボでした。それも『24時間テレビ』ならではだと思います」とふり返った。