「STORES」のhey、オンライン予約のクービックを買収 資金調達も完了、店舗のデジタル化支援体制をさらに強化

ECサイト構築サービスやキャッシュレス決済サービスを提供するhey(ヘイ)は8月4日、オンライン予約システム「Coubic (クービック)」を開発・運営するクービックの全株式を取得し、グループ化すると発表した。さらにシリーズEラウンドの資金調達を同時に発表。現在の約2倍となる400人体制に組織を拡大する計画も明らかにした。

今回のM&Aにより、heyが運営する操作性とデザイン性に優れた「STORES デジタルストアプラットフォーム」に、簡単かつ安価に自社予約サイトを構築し、オンラインレッスン予約などにも即時に対応できる「Coubic」が加わる。新型コロナウイルスで大きな打撃を受けた中小企業や個人事業者が、即時に活用できるデジタルインフラをさらに強化する。

「Coubic」は無料から使えるオンライン予約システムで、180を超える業種に対応している。ネット予約決済、月謝集金、動画配信、顧客管理などを一気通貫して提供しており、個人、中小企業のお客さまから業界大手・公共機関まで、8万社以上が利用している。ビデオ会議サービス「Zoom 」と公式に連携し、オンラインレッスン予約を誰でもかんたんに実現できる機能や「Googleで予約」にコンテンツを提供し、予約の簡易化に務めている。

調達資金で製品開発、サポート、人材採用、職場環境に投資
同時に米投資会社のBain Capital、香港投資会社のAnatole、米金融機関のGoldman Sachs、米決済会社の PayPal、YJ キャピタル、および既存株主であるWiLなどを引受先とする第三者割当増資を実行したことを発表した。シリーズEラウンドの資金調達を完了したという。

調達資金を生かし、製品開発と事業者のサポートに注力し、優れた人材の採用と、その働く環境に積極的な投資を行う。

heyの佐藤裕介社長は、「今回の資金調達とクービックのグループ化を通じて、コロナウイルスの感染拡大と事業者のみなさまの営業自粛にまつわる課題を解決するためにリリースしてきた、売上金の早期出金やオンラインストア開設サポート、ビデオ会議サービス『Zoom』との連携によるオンラインレッスン予約の簡易化などのニューノーマルに対応した個人、中小事業者向け機能の展開をより加速していきます。heyとクービックの仲間、そして、今後入社する仲間と共に、単なる利益と規模の追求だけでなく、こだわりや情熱、たのしみによって駆動される経済に支えられた社会となることに貢献していきたいと思います」とコメントしている。

クービックの倉岡寛社長は、「人々の生活から『めんどくさい』を減らし、事業オーナーが本来やりたいことに対してより時間が使えるようにしたい、というのは、クービック創業以来変わらないミッションです。事業オーナー1人ひとりの個性や力を信じ、店舗事業のインフラを提供する hey のミッションとの親和性は高く、強固なチーム・事業同士の組み合わせで、より早く確実にお客様に提供できる価値が大幅に広がると信じ、この度 hey への参画を決めました」と話す。