2020年 アストンマーティン・レーシングドライバー・アカデミー開始

世界中に、モータースポーツが再開され、2020年のアストンマーティン・レーシングドライバー・アカデミーが始まった。イギリスを代表するラグジュアリー・スポーツカーメーカーが次世代のGT耐久スーパースターを探し続けている。
 
アストンマーティン・レーシングの顧客チームネットワーク内で才能を見出するために設計されたこのイニシアチブは、2019年に大成功を収め、今年は世界中のさまざまなチャンピオンシップから13人の候補者がAMR ドライバー・アカデミーに登録された。若きドライバーをより効果的に指導するために内容が調整され、改善されている。同時に、コロナウイルスへの対処も図られている。


 
AMRヤングドライバーアカデミーは、17歳から25歳までのドライバー、ヴァンテージ GT3とGT4のレースプログラムが予定されているチャンピオンシップに参加するドライバーを対象としている。成功した卒業生に提供される賞は、2021年のレースプログラム、シミュレーターを実施することとフィットネスのセッションなどである。
 
これまでと同様に、今年の出場者はペース、一貫性、技術的フィードバックを含む幅広い基準で審査される。審査委員会は、ドライバーの役割の戦略的、チームワーク、商業、広報の側面を管理する能力も評価する。
 
アストンマーティン・レーシングの社長であるデビッド・キングは、次のように述べている。「2020年のアストンマーティン・レーシングドライバー・アカデミーに参加する準備を終えた、熱心な才能のあるグループがいます。コロナウイルスのパンデミックによる困難が続く中ですが、ジュニアGTレーシングエコシステムの重要性と価値を改めて実証します。私たちの使命は、このネットワークを通じて生まれる最高の若い才能を明らかにすることであります」