特別番組「角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ」の場面写真=日本テレビ提供

 タレントのマツコ・デラックスさんがMCを務める特別番組「角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ」(日本テレビ系)が、8月3日午後11時59分から放送される。時代のアイコンとなり、日本経済をも動かす存在となっていった女子高生。そんな女子高生が最も輝いていた時代を、マツコさんらがひもとく。

 特別番組は、さまざまなモノのピークを時代変遷トークと共に探っていくバラエティー番組。第1弾は「仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ」、第2弾は「かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ」、第3弾は「教師役の陣内孝則推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ」と題して放送された。

 今回の第4弾では、“女子高生が最も輝いていた時代”を探求。女子校の起源やセーラー服のルーツ、制服の多様化、コギャル文化、ルーズソックスのルーツ、1980年代に女子高生を中心に人気の高かった芸能界最強の男“C”などを紹介する。マツコさんは「VTRサービスしすぎ。出し惜しみしていこう。もったいないって」と語っている。

 タレントの友近さんと土田晃之さん、“女子高生”に精通した有識者がゲスト出演する。