ファッションEC「fifth」が初のリアル店舗 コロナに対応、非接触型のショールーミングストアに

CODE SHARE(コードシェア)は8月1日、ファッション通販サイト「fifth[フィフス]」の非接触型のショールーミングストアを期間限定で開設した。場所は東京・渋谷区の「WTW OMOTESANDO東急プラザ」B1F。リアル店舗は初出店。コロナ禍におけるニューノーマル時代に適用し、来店客が自ら商品を手に取り、フィッティングできるしていただける⾮接触型の体験スペースとしている。

リアル店舗は、WTWが運営するライフスタイルショップ「WTW OMOTESANDO東急プラザB1F」内に設置した。エテュセが運営する化粧品ブランド『エテュセ』と共同展開し、フィッティングルームとメイクブースを設置し、ファッションとメイクを融合した新たな空間となっている。


『エテュセ』とのコラボ出店

リアル店舗では各商品のタグに記載されるQRコードを読み取るとオンラインストアにアクセスし、商品説明や多数のコーディネート写真を確認できる。商品の購入は、オンラインストアで注文してもらい、商品は自宅に配送する。

実物の商品を手に取り、ブランドを体感してもらうことで、実物と価格のギャップを感じてもらいたいと考えている。今後、店舗限定アイテムの販売や限定キャンペーンを予定している。