SFAは営業支援のためのツールだということは知っていても、具体的に何ができるのかいまいちわからないという企業の方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、SFAの主な機能をご紹介します。また、あわせてSFA選定のポイントもご紹介します。SFAの導入を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

SFAの主な機能

SFAには営業促進のためのさまざまな機能が搭載されています。もちろん、各社の製品ごとにそれぞれ違いはありますが、ここでは多くのSFAに搭載されているSFAの主な機能を紹介していきます。

機能1:顧客管理

顧客管理とはさまざまな営業プロセスを管理し、可視化できる機能です。 顧客管理ではSFAに入力した企業名や担当者などの名刺情報、商談、スケジュールといった顧客に関する情報を管理することができます。また、それらの詳細情報を一覧で表示することで、営業プロセスを見える化できます。

機能2:案件・商談管理

案件・商談管理とは営業担当者全員の案件が閲覧できる機能です。 案件・商談管理では、営業マンそれぞれの商談フェーズや受注見込みといった案件に関するさまざまな情報を登録します。 また、案件に関する情報は営業担当者全員がリアルタイムに閲覧できるため、ミーティングなどで共有することができます。

機能3:プロセス管理

プロセス管理とは営業担当者の行動や結果を記録する機能です。 プロセス管理では営業担当者が製品やサービスを顧客にアプローチしてから商談、受注に至るまでのプロセスを管理します。 営業活動における訪問回数や提案商材、受注率などを記録して結果を数値化できるため、営業担当者のスキルを可視化し、評価基準として役立てることが可能です。

機能4:売上予測・予実管理


売上予測・予実管理とは予算と売り上げ予測を比較できる機能です。 売上予測・予実管理では、入力した予算や営業に関するデータを元に売り上げ予測や実績を見える化し、共有することができます。 また、予算と実績を比較して分析したり、データを利用した営業方針の再構築などにも役立ちます。

機能5:スケジュール管理

スケジュール管理とは営業担当者のスケジュールを把握できる機能です。 スケジュール管理では、営業マネージャーが営業担当者全員のスケジュールを管理することができます。 スケジュールを管理することで目標に対して商談件数が足りているかなどを把握し、クロージングまで管理して進捗状況を共有することができます。

機能6:タスク管理

タスク管理とは営業担当者のタスクを把握できる機能です。 タスク管理では各営業担当者が受け持っている仕事の量が把握できるため、営業マネージャーは効率よく営業プロセスを進めるために効率的な仕事の割り振りが可能になります。

  • SFA

機能7:アラート

アラートとは設定した条件に応じてアラートを出す機能です。 アラート機能ではあらかじめ設定した条件に応じてアラートが出るようにし、次のアクションを実行するタイミングを通知することができます。 また、期限を過ぎていたり金額の変更があった場合などにアラートを出して、注意を促すことも可能です。

機能8:日報・週報

日報・週報機能とは営業担当者がレポートを提出できる機能です。 日報・週報などの活動記録の作成をサポートする機能もあります。営業担当者はあらかじめ用意されているフォーマットに必要事項を入力するだけで、手間なくレポートを提出できます。 また、営業マネージャーも営業担当者それぞれの成果などを確認することができます。

機能9:見積書作成・ワークフロー

見積書作成・ワークフロー機能とは見積書を迅速に作成する機能です。 見積書作成・ワークフロー機能では、あらかじめ用意してあるテンプレートに従い迅速に見積書を作成することができます。 見積書の作成に時間がかかればその分顧客の購買意欲も低下してしまいますが、見積書作成・ワークフロー機能を使うことで顧客に対してスピーディーに見積書を出せるため、迅速にビジネスチャンスを掴むことが可能になります。

機能10:分析・集計レポート

分析・集計レポート機能とはデータ分析や集計レポートを自動で行う機能です。 分析・集計レポート機能では蓄積したデータを分析し、さまざまなセグメントでの集計レポートを作成することができます。 この機能により、営業部全体の状況を把握することが可能になります。

機能11:モバイルデバイス対応

モバイルデバイス対応とはスマートフォンやタブレットに対応した機能です。 SFAは外出先から利用するケースも多いため、クラウドタイプのSFAであればスマートフォンやタブレットでも利用できるようになっています。 そのため、移動中のすき間時間に顧客情報や商談の内容を確認したり、日報などを作成することができ、時間の使い方を効率化することが可能になります。

SFA選定時に確認したいポイント

多くの企業からさまざまな種類のSFAが販売されているため、どれを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。そこで、導入するSFAを選ぶ際に確認しておきたいポイントをご紹介します。

1:操作性

せっかく導入しても社員が使いこなせなければ意味がないため、導入する際は操作性のよさを確認しておきましょう。無料トライアルを設けている製品も多くありますので、実際に使用することになる社員に操作性を確認してもらい、ストレスなく使えるものかどうか判断してもらうとよいでしょう。

2:サポート

導入して慣れるまでには、ある程度時間がかかるものです。聞きたいことがある時、すぐに問合せできる窓口が用意されているか確認しましょう。サポート体制が充実していれば、操作などの不明点はもちろん、システムトラブル等が起きた際も慌てることなく対応してもらえるでしょう。また、画面共有で対処法をレクチャーしてもらえるようなサポートがあると、より利便性が高まります。

3:コスト

SFAは製品によって価格もさまざまですが、基本的にオンプレミス型は自社に環境を構築するため導入コストが高くつきます。一方クラウド型は導入コストがかからない、またはかかっても安価なものがほとんどです。ただし、クラウド型は1ユーザーあたり月額費用がかかるのが一般的なため、従業員の多い大企業などでは長期的にみればオンプレミス型の方が安く済む可能性があります。選定する際は必ず事前に試算をしてみてください。

4:他ツールとの連携

SFAツールの中には、その他の業務に使用するツールと連携することが可能なものもあります。例えばMA・CRM・グループウェアなどが挙げられます。より利便性を高めるために既存のツールと連携することを予定している場合は、あらかじめそのツールに連携可能かどうかを確認しておきましょう。

SFAの機能を知って導入を検討しよう!

SFAは営業活動を円滑に行うためのさまざまな機能を有しています。導入することで業務効率化でき、無駄なコストの削減や新たな売上の創出が期待できるでしょう。まだ導入をしていないという企業は、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。