横浜F・マリノスがスタッフに陽性反応がでたことを発表した

 横浜F・マリノスは30日、非常勤のクラブ事業スタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性反応が見られたことを発表した。

 横浜FMは、「8月2日(日)に宮城県東松島市で開催予定の復興支援活動の実施に先立ち、7月28日(火)にPCR検査を受検し、検査の結果7月29日(水)に陽性と判定されました」と発表。「当該スタッフの健康状態は、直近2週間の体温は36度台で、体調不良や新型コロナウイルス感染症、風邪の症状は見られず良好であります。このたび、検査結果を受けまして、保健所の指導のもと近日中に医療機関に入院する予定となっております」と今後の予定を伝えている。

 また、行動履歴から、クラブの選手・チームスタッフ、クラブ事業スタッフおよびアカデミー・スクールコーチ含むクラブスタッフに濃厚接触者に該当する人物がいないと保健所から判断を受けたこともあわせて報告。陽性反応者が出たことによって復興支援活動は延期となる。