愛知県、「楽天市場」に「愛知県WEB物産展」を出店 コロナで苦しむ農林水産や観光をECで支援

愛知県は7月30日、新型コロナウイルス感染症の影響による売上の減少など、経営が悪化している農林水産業や観光関連産業の支援を目的としたECサイト「愛知県WEB物産展(あいちの『食と物産』マルシェ)」を開設する。

農林水産物(加工品含む)や観光物産品をお得に販売する。 「愛知県WEB物産展(あいちの『食と物産』マルシェ)」は、愛知県内で産出された農林水産物(加工品含む)及び観光物産品を販売するECサイト。ECモール「楽天市場」内に特設ページを開設し、運営期間は2020年7月30日から2021年1月31日となる。

ECサイトでは牛肉やうなぎ、メロン、名古屋コーチンなど愛知の名産品を販売する。



サイト運営期間中は、お得に買い物ができるキャンペーンを複数回実施し、割引サービスとして購入代金が3割引きとなるクーポンを発行するとしている。キャンペーンの第1弾は、サイト開設の翌日となる7月31日から8月17日まで実施する。第2弾のキャンペーンは、9月上旬から9月中旬の2週間に実施予定となっており、その後も毎月上旬から2週間ずつ、第6弾(2021年1月上旬から2週間)までの実施を予定しているという。

同サイトでは、農林水産物(加工品含む)の出品希望者を11月13日(予定)まで受け付けている。


「愛知県WEB物産展(あいちの『食と物産』マルシェ)」
https://event.rakuten.co.jp/area/aichi/exhibition/
※7月30日正午オープン