猫の家政婦・猫村さんが活躍し、独特のタッチで人気のほしよりこ『きょうの猫村さん』(マガジンハウス刊)がまさかの実写化、しかも主演は松重豊……ということで、大きな話題となったミニドラマ『きょうの猫村さん』(テレビ東京ほか 毎週水曜24:52~24:58 全24回)。自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、村田家政婦紹介所の門をたたく猫村ねこを演じる松重は、性別と種族の壁を超え主演を務めている。

深夜の2分半のミニドラマに、濱田岳、石田ひかり、市川実日子、松尾スズキ、小雪、池田エライザ、水間ロン、染谷将太、安藤サクラ、荒川良々……と豪華キャストが集合したことでも注目を受けていた同作。今回は、17日に『きょうの猫村さんまるごと SP』(17日24:12〜)として一挙放送が行われることから、同作について主演の松重にインタビューした。

  • ミニドラマ『きょうの猫村さん』主演の松重豊 (写真:マイナビニュース)

    松重豊 撮影:泉山美代子

■「本当にやるんだ」と驚き

――『きょうの猫村さん』まさかの実写化でしたが、企画を聞いたときの率直な感想を教えてください。

漫画を実写化したいという話は本当に多いと思うんですけど、それでも「この作品を実写化するのはハードルが高いな」とは思いました。観る側としても、安易に実写にして「ほらみろ、言わんこっちゃない」ということになる危険は孕んでいるなと思いましたし、難しい役なんだろうな、という印象です。ただ同時に、難しい役であればあるほど「面白いぞ」と思える職業ですから、わくわくしました。

実際に動き出すまでは数年かかったので、忘れた頃に「本当にやるんだ」と驚きましたし、そうして衣装なども着けていくうちに「ああ、本気だな、この人たちは」と思って(笑)。短い期間ではありましたけど、ちゃんと”実写化”というものができたと思います。あとは観ていただいた方に委ねるしかないですね。

――実際に多くの視聴者の好評の声が届いて、今回一挙放送ということで。衣装合わせの時はどのような雰囲気だったんですか?

リアルに猫村さんを作るというよりも、どちらかというとゆるキャラに近いような感じで、どこかチープさが味わいになるだろうという理解はできたんですけど、細かい部分に修正は入れていきました。「顔のラインがちょっと浮いてる」「尻尾にリアリティがない」とか、本当に3回くらい修正して、最終的にあの形に辿りつきました。

――ちょっと気になったのは、ぼっちゃんのエプロンをつけてない時の猫村さんは全裸なのか? と…(笑)

実写になると、おじさんの体があるだけですからね(笑)。白という膨張色と相まって、全体的になんだか大きい印象はありますよね。エプロンでも締めればきゅっとイメージがちっちゃくなるんですけど、白の部分が長い(笑)。でも、あの世界なので、受け入れてもらえればと思います。

――今回、キャストの皆さんの豪華さも話題となっていますね。

こういう主人公が猫の家政婦というドラマで、「猫です!」と激しく主張してしまったら、もうおしまいなんですよ(笑)。淡々と猫が家政婦に来て、「お前ん家の家政婦、猫なの?」という、日常のリアリティにかかってると思うんですね。それをわかってらっしゃる演者ばかりでした。細かいディテールを積み重ねて、日常のリアリティを作り上げていけた。

しかも皆さん、うまいんですよ。朝ドラのヒロインや大河ドラマの準主役を務めて、技術的にものすごいものを持った方たちが、「猫の家政婦が働いている」というリアリティを全員でデッサンする。僕は、一緒に演じながら鳥肌が立ちました。皆さん志高く、丁寧にデッサンするので、2分半の映像でも引き込まれてしまうのだと思います。

――誰かが口にせずとも、その空気を共有できる状態だったんですか?

誰かから発信するものじゃないですし、伝染していくものですから。空気を作っていくのは演者なので、皆で日常的なリアリティを持ち込んで実写にするということが、ほしさんの原作に対しての仁義だったのだと思います。

■ドラマは、日常に浸透してくるようなもの

――松重さん×テレビ東京さんというと、『孤独のグルメ』を筆頭に、「面白いことをしてくれるんじゃないか」という期待が視聴者にはあります。松重さんから見たテレビ東京さんはどんなテレビ局ですか?

「普通これはありえないよ」とボツになるようなものでも拾い上げてくれる、ありがたいテレビ局に、たまたま巡り合えました。尚且つ、他の局だと切り捨てられるような視聴率でも、じわじわと長く続けられるのは、ここでしかありえないなという実感があります、本当にラッキーだったと思います。

チャレンジングな作品でも、長くやって徐々にお客さんが増えていくと、俳優にも「この局で面白いことやりたい」という人が増えて、意欲的な作品がさらに増えるんでしょうね。『猫村さん』も2分半の深夜のドラマなのに、すごい人たちから「出たい」とおっしゃっていただけて、「ああ、すごいな」「大河ドラマで信長役をやっている人(染谷将太)が、深夜ドラマで頭にトサカを作ってヤンキー役だなんて」と(笑)。ちょっと前だったら不謹慎だと言われるかもしれないことが成立するわけで、そういう自由を獲得できるようになったのも、この局のおかげだと思います。

――うちのサイトでも、ドラマ期待度のアンケートをとると、いつも『孤独のグルメ』が上位に来るんです。

それだけ、ドラマが期待されてないということですよ!(笑) その代わり、多様性は昔より出てきたと思うので、「今までなかったな」というニッチな部分にハマるものがあったのだと思うんですよね。あくまでビギナーズラックというか、やったもん勝ちというところがあると思うんですが、いつまでも続くとは思っていない中で、ない知恵を絞って、限られた予算の中で面白いものを作るということの醍醐味を味わせてもらっているのは、やっぱりラッキーなんだと思います。

――コメントで『孤独のグルメ』は『吉田類の酒場放浪記』、『きょうの猫村さん』は『Eテレ 2355』をベンチマークにしているとおっしゃってましたが、どのような理由があったんですか?

僕自身はそんなにテレビを見ていないのですが、『孤独のグルメ』の時は唯一、『吉田類の酒場放浪記』が浮かんだんです。本当に、あの番組も何も起きないんですよ。吉田類さんがお酒を飲んでつまみを食べて酔って帰るだけなんですけど、観てしまうし、僕はあまり飲まないけど、一緒に酒を飲んだ気持ちになれる。それはすごいことだし、そこに近づけたらと思って、『孤独のグルメ』を始めたところがあって。

今回の『きょうの猫村さん』は深夜の2分半のミニドラマと聞いて、思い浮かんだのが『Eテレ 2355』。僕は24時には寝るので、『2355』を見て、静かな日常を終えています。何気ない日常というのは、テレビの中で探そうとすると、意外とないんですよね。作為的なものや、これみよがしに何かをやろうとしているものばかりで、「何もやってくれない」という豊さを与えてくれるものが、テレビの中にあったらいいな、と。だから、この『Eテレ 2355』という志の高い番組をベンチマークにしていました。

――『孤独のグルメ』も『きょうの猫村さん』も、目指してるところは近いのでしょうか。

究極的には、お芝居です。でも、お芝居を「お芝居です」といって見せるのではなく、「これ、芝居なの?」という際どいところをやることが、僕らの究極の存在意義だと思います。今回、そこを感じていただける共演者がいっぱいいらっしゃるということは、それだけ、作為的に何かやることに対しての違和感を抱えてる演者が多いんじゃないかな? と思いました。「ドキュメンタリーなのか? 演技してるのか?」というキワを攻めるようなものをやるということですね。だから、そういう”お芝居”がやりたくて、こういうドラマをやっているのだと思います。

――『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』もですか?

『バイプレイヤーズ』は、そこのキワをどれだけ綱渡りして、観ている側を混乱させるか。演者の素の部分と演技の部分のスイッチングを見ていただきたい、という思いはありましたね。

いわゆる「普通のドラマ」と思われているものが、今、普通のドラマじゃなくなっているのかもしれません。ドラマは、日常に浸透してくるようなものでないと。昔、原田芳雄さんが殺人鬼を演じられていたドラマがあって、子供心に「本当に、この人が殺したんじゃないのかな?」と怖かった。そこなんですよね。「誰かが演じてるな」と思われた時点で、もうドラマは負けなんです。そこを履き違えちゃいかんなと思います。役作りをし尽くすということではなくて、日常との境目が分からなくなるくらいの”あやふやさ”が面白くて、挑戦をさせていただいているのだと思います。

■松重豊
1963年1月19日生まれ、福岡県出身。舞台・映画・ドラマと活躍し、12年にドラマ『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演を果たした。近年の出演作に大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『悪党~加害者追跡調査~』(19年)、映画『検察側の罪人』『コーヒーが冷めないうちに』(18年)、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(19年)、『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』(20年)など。公開待機作に『糸』(8月21日公開)、『老後の資金がありません!』(9月18日公開)、『罪の声』(秋公開)などがある。

(C)テレビ東京