6回、広島・田中広の邪飛を好捕し、笑顔でベンチに戻る巨人の左翼手ウィーラー(中央)=マツダ(C) Kyodo News

● 広島 4 - 9 巨人 ○
<6回戦・マツダ>

 巨人のウィーラーが、守備でガッツ溢れるプレーを見せた。

 5-2の6回二死二塁から田中広輔が放ったレフトフェンス際の打球を、レフトのウィーラーがフェンスにぶつかりながらジャンピングキャッチ。打球をキャッチしたことをアピールし、その後右手を突き上げベンチへ戻っていった。

 16日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた山崎隆造氏は、この守備に「フェンスファウル際ですからね。フェンスが気になるところですけど、恐れずにジャンプキャッチしましたね」と話した。

 ウィーラーは甲子園でも、福留孝介がレフト線に放った打球をダイビングキャッチするなど、慣れないレフトの守備で奮闘している。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)