広島・高橋大樹

● 広島 4 - 9 巨人 ○
<6回戦・マツダ>

 16日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた山崎隆造氏は、3回代打で登場し安打を放った広島・高橋大樹の走塁について言及した。

 高橋大は0-3の3回無死走者なしの場面で、投手・薮田和樹の代打で登場すると、先発・メルセデスのストレートをライトへヒットを放つ。高橋は二塁へスライディングするも、勢いあまって二塁ベースから足が離れてしまい、ショート・坂本勇人にタッチされアウトとなった。

 この走塁に山崎氏は「非常に痛いですよね。非常に良いバッティングをしただけに、どうしたんだと。考えられないプレーを犯してしまいましたね」と苦言を呈した。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)