百々千晴

7月14日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、シンプルを極めた飾らないスタイリングで着る人の魅力を引き出す人気スタイリスト・百々千晴に密着。2人の子供を育てながらパワフルに仕事を続ける彼女のルールとは?

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高、尾崎世界観(クリープハイプ)、長濱ねる、本谷有希子、YOU。ナレーションは、小野賢章が務める。

今回の主人公は、モデルやタレントの衣装をコーディネートする人気スタイリスト・百々。煌びやかなファッションの世界で15年に渡り第一線で活躍を続けている彼女に対し、著名人からのオファーも絶えない。

「百々さんのスタイリングは女性のラインをすごい上手に表現してくれる。それをどう活かすか、一番上手だと思う」(大島優子)、「シンプルなんだけど『こういう技使うんだ』とか『こういう小物使うんだ』っていう技が神がかっている」(佐田真由美)といった声があがるなど、「シンプルだけどカッコいい」スタイルを生み出す。そんな彼女の信条の源とは?

徳島県生まれの百々は、思春期の頃に見たファッション誌で、スタイリストという職業を知り、この仕事をしたいと決意する。18歳で上京し、アシスタントとして休みなく働き、2002年からロンドンへ2年間留学。この経験から“女の子だから控えめにしないといけない”とは考えない。自分がバリバリ仕事するところをアシスタントが見て学び、働く女性として成長してくれるのが一番うれしいという。

プライベートでは9歳の息子と6歳の娘の母親。子育てで周りの母親ができることができなかったり、料理が苦手だったりする一面も。「真面目に生きてるけど、上手くいかないことがたくさんある。40歳手前になって、やっと気付いた」と、カメラの前で本音を漏らした。百々の仕事に対する姿勢はずっと変わらない。話し方や立ち振る舞いが淡々としているので、初対面の人には感じが悪いと思われることもある。そんな中でもあるルールによって、言いたいことが言える状況を自分で作っていった。

「自分のキャラクターや話の仕方はシンプルでいたいなと思う。洋服だけでなく考え方などすべてにおいてシンプルでいたい」と語る、彼女の7つのルールに迫る。

スタジオでは、先週の放送から新たなメンバーとなった尾崎と長濱がそれぞれの感想を口にする。スタイリングについてのこだわりを聞かれた尾崎は、「頑張っている感じに見えないように、調子に乗っているように見えないようにしたい」と、早速、自らの“世界観”を披露。その後、スタジオの話題は「せっかち」かどうか、に。YOUや本谷が自らを「せっかち」と表する中、長濱が「そんなこと考えたこともない」と話したこととは? また、アイドル時代の長濱の話を聞いた時に、青木が衝撃を受けた言葉とは?