タワーレコードが、2020年の上半期チャートを発表、SixTONESとSnow Manが1位に

タワーレコードが、2020年の上半期チャートを発表した。

【写真】ジャニーズのSixTONES、Snow Manなどランクインアーティスト

邦楽アルバムは2019年から2020年にかけて、様々なタイアップや「第70回 NHK 紅白歌合戦」への初出場など、大躍進を遂げた King Gnu の 3rd Album『CEREMONY』が堂々の上半期チャート1位を獲得。名実ともにトップ・アーティストとなった彼らの存在感を裏付ける結果となった。

邦楽シングルは、2020年1月にジャニーズ事務所から新たに2組同時デビューとなったSixTONESとSnow Manのデビュー・シングル『Imitation Rain/D.D.』が1位に。

洋楽アルバムは、最年少でグラミー主要4部門受賞を果たしたことも記憶に新しいBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)のデビュー・アルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』が1位と、フレッシュな顔ぶれがそれぞれのジャンルにおいて首位を飾った。

ステイホーム、そして新しい生活様式が推奨される2020年、音楽はたくさんの人達の心の支えとなっている。下半期の音楽シーンも目が離せない。


タワーレコード 2020年上半期チャート 邦楽シングル TOP10

1位 SixTONES vs Snow Man 『Imitation Rain/D.D.』
2位 JO1『PROTOSTAR』
3位 King & Prince『Mazy Night』
4位 ジャニーズWEST『証拠』
5位 乃木坂46『しあわせの保護色』
6位 Hey! Say! JUMP『I am/Muah Muah』
7位 KinKi Kids『KANZAI BOYA』
8位 日向坂46『ソンナコトナイヨ』
9位 A.B.C-Z『チートタイム』
10位 関ジャニ∞『友よ』

タワーレコード 2020年上半期チャート 邦楽アルバム TOP10

1位 King Gnu『CEREMONY』
2位 ジャニーズWEST『W trouble』
3位 すとぷり『すとろべりーねくすとっ! 』
4位 Sexy Zone『POP × STEP!? 』
5位 NEWS『STORY』
6位 木村拓哉『Go with the Flow』
7位 Kis-My-Ft2『To-y2 』
8位 ENDRECHERI『LOVE FADERS』
9位 Official髭男dism『Traveler』
10位 GLAY『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』

タワーレコード 2020年上半期チャート 洋楽アルバム TOP20

1位 Billie Eilish『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』
2位 Green Day『ファザー・オブ・オール…』
3位 Ozzy Osbourne『オーディナリー・マン』
4位 Lady Gaga『クロマティカ』
5位 The Chainsmokers『ワールド・ウォー・ジョイ』
6位 Justin Bieber『チェンジズ』
7位 The 1975『仮定形に関する注釈』
8位 The Strokes『ザ・ニュー・アブノーマル』
9位 Queen『グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン』
10位 The Weeknd『アフター・アワーズ』