ラップタイム  1:15.50 min│ポルシェカレラカップのデビュー

歴史的な瞬間。太陽が暖かくなってきた1990年3月の最終日、ベルギーのゾルダーでポルシェカレラカップがデビューした。1986年から1989年まで、ポルシェ944ターボカップはシリーズのサクセスストーリーの先駆けとなった。1993年以降、ポルシェスーパーカップはF1の一部として始まっている。

新しく誕生したカレラカップの最初の予選で、オラフ・マンタイはグリーンのポルシェ911カレラ2カップでピットアウトした。ラインランド出身の34歳の彼は、ツーリングカーコミュニティでドリフトアーティストとして知られている。常にガソリン車に乗って、スライディングさせながら走っている。「私はまず本選の前に2〜3周して、慎重にタイヤを暖めました。私が全力で走り出す時にはラバーが完璧に暖まっていました!」と彼は思い起こす。 そして、1:15.50というラップタイムでポールポジションを獲得した。

それに続くレースでは、技術的に同じレベルの38台の911カレラ2カップが広大なフィールドを再び打ち破り、マンタイは新シリーズの最初のレースで優勝。しかし、彼は彼のドライビングスタイルにおいて根本的に新しいアプローチを採用しなければならないと感じた。「少しドリフトすればすぐに、膨大な時間を失います」と彼はいう。「クルマは完全にクリーンなラインを要求します」と彼は話すが、それを「信じられないほど難しい」と話す。

マンタイのチームは、ポルシェスーパーカップを4回、ニュルブルクリンクで伝説的な24時間レースを6回、そしてファクトリーコントラクト(1999、2013、2018)とル・マンでのGTコンテスト、および世界耐久選手権で優勝している。 そして、オラフ・マンテイは「ゾルダーで生まれたポルシェへの愛は今日まで続いています」と話した。