最強ターボC発売直前のモデル、RS-Xが歩んだチューニングの歴史|84年式 日産スカイライン2000RS-X Vol.1

1981年8月に登場したR30は、当初から6気筒と4気筒のエンジンをラインナップ。10月には、4気筒DOHC4バルブのFJ20E型エンジンを搭載した2000RS(DR30)がデビュー。そして83年にはターボを追加した「RSターボ」が加わり、84年にインタークーラーを装備した「ターボC」がラインナップに追加された。

 ここで紹介する下平さんのDR30は、84年式のRS‐Xで、88年ごろに購入。ボディは赤/黒のツートンで、エンジンはFJ20ET型が搭載されていたが、インタークーラーなしの鉄仮面。まだまだ現役の中古車だった。


タービンがない? 取材時のエンジンルームなど、全ての画像を見る