ソフトバンク・明石健志

○ ソフトバンク 8 - 4 楽天 ●
<5回戦・PayPayドーム>

 ソフトバンクが4点ビハインドをひっくり返し逆転勝ち。楽天は攻守ともにミスが目立ち今季初の連敗を喫した。

 ソフトバンクは4点を追う2回、相手守備の乱れに乗じ2点を返すと、続く3回は7番・松田宣が2戦連発となる2号2ランを左翼テラス席へ運び4-4の同点に追いついた。7回は二死二塁の好機で、6番・明石が勝ち越しの適時二塁打を左中間へ。明石はこの試合、3安打1打点と逆転劇の立役者となった。

 8回は敵失絡みで無死三塁の好機を作り、9番・三森の中越え適時二塁打で6点目。さらに二死満塁から、今季初スタメンの5番・中村晃に復帰後初安打となる右前2点適時打が飛び出しダメ押しの2点を加えた。

 先発の二保は2回までに4失点。それでも3回以降は立ち直り、7回4安打4失点の力投で待望の今季初勝利(2敗)を手にした。

 楽天は7番・内田の1号3ランなどで4点を先取するも、先発の岸が5回4失点で降板。2回裏は中継プレーのミスと捕手・太田の失策などで2点を返され、3回は二死から松田宣に同点2ランを浴びた。黒星は3番手の辛島につき今季初黒星(1セーブ)。8回裏の守備では、挟殺プレーのミスから致命的な3点を失うなど、記録された2失策がいずれも失点に直結した。

 7回表の攻撃では、先頭の6番・ロメロが中前打で出塁するも代走・小郷が痛恨の牽制死。ここまで少なかったミスが続出し、敵地で今季初の連敗を喫した。