映画「私がモテてどうすんだ」の公開記念舞台あいさつに登場した吉野北人さん

 ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さんの主演映画「私がモテてどうすんだ」(平沼紀久監督)の公開記念舞台あいさつが7月11日、東京都内で行われ、劇中で“スーパーイケメンDK(男子高生)”を演じた吉野さん、神尾楓珠さん、伊藤あさひさん、奥野壮さんらが登場した。吉野さんらは、劇中で披露している“私モテダンス”の練習の苦労などについてトークを展開。実際にステージ上でダンスを踊る企画も行われ、キャスト全員で息の合った“私モテダンス”を生披露した。

 踊り終えた吉野さんは、「(手で)ハートを作るの忘れちゃった」と振り付けを間違えたことを明かし苦笑い。神尾さんは「完璧だったと思う。今までで一番うまくできたと思う」と自画自賛し、満足げな笑顔を見せていた。

 舞台あいさつには、ヒロインを務めた女性ダンス・ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」の山口乃々華さん、富田望生さん、平沼監督も出席。無観客で行われ、映画を上映する全国の290館とつなぎライブ中継された。

 冒頭で、宮崎県出身の吉野さんが“宮崎弁”であいさつする場面もあり、連日の豪雨が報道されている九州の観客に向けて「みんな元気しちょっけー? 今は大変やけど、一緒に頑張ろう」とエール。舞台あいさつ終盤には「コロナウイルスで大変な状況が続きますが、少しでも不安な思いだったり、ストレスだったりを解き放っていけるような作品になれば。ぜひ何回でも見て、ハッピーな気持ちになっていただければと思います」と思いを語った。

 「私がモテてどうすんだ」は、少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載されたぢゅん子さんのマンガ。アニメの推しキャラクター同士や、クラスのイケメンたちのBLを妄想するのが大好きなオタク女子・芹沼花依が、ある日、愛するアニメのキャラが死んだショックで1週間絶食して激ヤセし、超美人に変身。現実世界でモテるようになる……というラブコメディー。

 映画では、吉野さんがサブカル系先輩・六見遊馬、神尾さんがスポーツ系同級生・五十嵐祐輔、伊藤さんがチャラい系同級生・七島希、奥野さんがツンデレ系後輩・四ノ宮隼人を、山口さんと富田さんがヒロインの芹沼花依を二人一役で演じている。