【記者コラム】フィットネス事業者の躍進

フィットネス事業者をよく取材しています。コロナ禍にあって、オンラインの取り組みが進み、ECを強化している事業者が目立ちます。

各社を取材していると、フィットネス事業者が今後、ECで躍進するかもしれないと予想しています。専門化集団がこれまでリアルで展開してきたことをオンラインでも行っている強みがあるからです。同時に、彼らは体に関するエキスパートであります。

では、どのような点がECで躍進する理由になのか。体を動かすということは、衣食住すべてに関連し、ウェア、靴、食品、運動器具などECで成果を出せる分野が多いからです。

最近は、大手スポーツクラブもECを強化しています。これまでに得たきた店舗での情報を、商品開発やオンラインで活かすとなれば、躍進はさらに進むと予想できます。

「コロナ太り」が増えたためか、在宅でオンラインレッスン向けのフィットネス用品の販売が伸びています。彼らが販売した場合、トレーニング方法や身体の維持に関してのアフターケアの提供も可能だからです。

これからのフィットネス事業者によるECの展開が非常に楽しみです。EC業界にどんな影響を与えるのかも注目しています。近い将来、健康食品など販売において、フィットネス事業者の名が出てくるかもしれません。