アスクル、初の売上4000億円超え コロナでBtoBの成長鈍化、BtoCは構造改革優先で減収

アスクルの2020年5月期における通販事業の売上高は、前期比3.0%増の3924億600万円だった。ロジスティクス事業なども含んだ連結売上高は、同3.3%増の4003億7600万円となり、初めて4000億円を突破した。

BtoB事業は通期売上高は増加しているものの、新型コロナウイルス(コロナ)の影響で第4四半期(2020年3−5月)は減収になった。BtoC事業は構造改革を優先し、通期売上高は減少した。ただ、コロナで需要が拡大しており、出荷能力を増強したことで、第4四半期は売り上げを伸ばした。

コロナで35億円のマイナス影響
BtoB事業の売上高は、同4.2%増の3290億円だった。コロナの影響で第4四半期は、売上高は35億円、営業利益にして5億円程度のマイナス影響があったという。


BtoB事業の業績

今後もリモートワークの継続などにより、法人需要の成長は限定的と見込んでいる。4月から同一労働同一賃金の導入により、倉庫の人件費向上なども踏まえ、2021年5月期は売上高は微増、営業利益は30億円のマイナスを見込んでいる。

基幹事業であるBtoB事業に経営資源を投下し、ニーズの変化に対応しつつ成長を継続する。ビッグデータを活用し、商品や物流、マーケティングの精度を高め、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するサービスとしてさらに価値を高めたい考えだ。

2021年8月、東京都江戸川区に関東エリアの中核となるBtoBの新物流拠点「ASKUL新東京センター(仮称)」を竣工する。既存センターよりもさらに高度な自動化設備を導入し、2022年7月に稼働する計画だ。


BtoBの新物流拠点の概要

BtoCは売上減でも赤字幅は減少
BtoC事業の売上高は、同3.0%減の633億円だった。日用品ECサイト「LOHACO」の売上高は、同5.3%減の486億円だった。営業損失は62億円(前期は営業損失92億円)だった。


BtoC事業の業績

「LOHACO」は2023年5月期の黒字化に向けて構造改革を進めている。2020年5月期は、売上が減少したものの、売上総利益率は前期比1.9ポイント改善している。2022年5月期以降にヤフーが提供するECシステム「XSエンジン」を導入し、固定費率を大幅に削減する計画だ。現状の売上水準で黒字化を達成できる見込みだという。


ヤフーのシステム基盤活用で固定費比率削減見込む

吉岡晃CEOは、「コロナの感染拡大により、社会のインフラとしての期待を強く感じる。BtoB事業ではマイナスの影響もあったが、EC市場の拡大はチャンスだと捉えている。今後は環境保全や社会課題解決を考えた『エシカルeコマース』として、より社会に求められるサービスを目指す」と説明した。