映画「私がモテてどうすんだ」のビジュアル(C)2020「私がモテてどうすんだ」製作委員会(C)ぢゅん子/講談社

 今週公開される映画から、MANTANWEB編集部の激推し作品を紹介する「今週の激推シネマ」。今回は、7月10日に公開されたダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さんの初主演映画「私がモテてどうすんだ」(平沼紀久監督)を“激推し”する。

 「私がモテてどうすんだ」は、少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載されたぢゅん子さんのマンガ。アニメの推しキャラクター同士や、クラスのイケメンたちのBL(ボーイズラブ)を妄想するのが大好きなオタク女子・芹沼花依(富田望生さん)が、ある日、愛するアニメのキャラが死んだショックで1週間絶食して激ヤセし、超美人(山口乃々華さん)に変身。恋愛に興味がないのに、現実世界でモテるようになるというラブコメディー。

 見どころは、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のメンバーとして10代を中心に高い人気を誇る吉野さんを筆頭に、神尾楓珠さん、伊藤あさひさん、奥野壮さんのスーパーイケメンDK(男子高校生)の4人がイチャイチャするBL展開だ。吉野さんが奥野さんに“壁ドン”したり、吉野さんが伊藤さんに“バックハグ”したりするなど、ヒロインが妄想するイケメン同士のBL展開が面白おかしく繰り広げられる。

 「THE RAMPAGE」のボーカリストを務める吉野さんがサブカル系の六見先輩、ドラマ「3年A組」でも存在感を発揮した神尾さんがスポーツ系同級生の五十嵐くん、「快盗戦隊ルパンレンジャー」の伊藤さんがチャラい系同級生の七島くん、「仮面ライダージオウ」の奥野さんがツンデレ系後輩の四ノ宮くんと、タイプの違うイケメンがそろい踏みしている。スクリーンで“激推し”が見つかるかも?

 また現在、映画館では「千と千尋の神隠し」「もののけ姫」「風の谷のナウシカ」(いずれも宮崎駿監督)といったスタジオジブリの劇場版アニメが再上映されており、4、5日の映画観客動員ランキングでトップ3位を独占した。映画館で名作の素晴らしさに浸ってみるのもオススメだ。