「ECマスターズクラブ」、楽天対策のオンラインセミナーが人気 4月以降、600社超が参加

豊富なリアルセミナー実績、オンラインも内容充実
日本ECサービスが運営するネットショップのための会員制サービス「ECマスターズクラブ」は、非会員向けに「楽天市場」で売上を伸ばすためのノウハウを詰め込んだオンラインセミナーを開催している。コロナ禍において、オンラインセミナーを積極的に実施。4〜6月の3カ月間で11回開催し、計600社以上が参加している。多いときには30都道府県以上のエリアから参加しており、全国各地のEC事業者がセミナーを自社の事業拡大に役立てている。

日本ECサービスは、これまで全国各地でリアルセミナーを多数開催している。2019年は北海道から福岡まで全国の主要都市56会場でセミナーを実施した。コロナ禍でセミナーをオンラインに切り替え、継続して開催し続けている。

「『ECマスターズクラブ』ではこれまでも毎週のように、会員向けのオンラインセミナーを生配信してきた。オンラインでセミナーを実施するノウハウはここで積み上げることができていた。オンラインのほうが質疑応答での質問が活発で内容が濃くなっている」(清水将平社長)と話す。

「ネクストエンジン」「クロスモール」とも連携
セミナーの内容は「広告費を掛けずに売り上げを伸ばす方法」「検索結果からのアクセスを増やす方法」「効果的な商品ページの作り方」「シーズンごとの商戦対策」など、しっかり取り組むことで楽天店の売り上げ拡大に、着実につながる内容となっている。

セミナーはネットショップ一元管理システムの「ネクストエンジン」「クロスモール」などと連携し、導入店舗限定で実施することもある。

「参加者からは『もっと早く参加すればよかった』『広告費を掛けずに売り上げを伸ばすやり方が分かった』『参加費以上の価値を感じた』という声を頂いている。満足した方が『ECマスターズクラブ』に入会してくださるケースも多い」(同)と言う。

7月以降もコンスタントにオンラインセミナーを開催する計画だ。


「ECマスターズセミナー」の詳細は▶▶https://seminar.ec-masters.net/