スカイ・ブルーに所属する川澄奈穂美(写真は6月30日のレイン戦) [写真]=Getty images

 スカイ・ブルーに所属するFW川澄奈穂美が、8日に行われたアメリカ女子サッカーリーグ(NWSL)・チャレンジカップのヒューストン・ダッシュ戦で今シーズン初得点を決めた。

 先発出場した川澄は1点リードの34分に追加点を挙げた。味方が前線にロングパスを送ると、相手GKがペナルティエリア外に飛び出してクリア。このセカンドボールを左サイドの川澄が拾うと、すぐさま右足を振り抜き、ロングシュートを無人のゴールに沈めた。スカイ・ブルーはそのまま2-0で勝利。フル出場した川澄は今シーズン初得点で白星に貢献した。

 NWSLは今シーズン、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、8チームによる短期トーナメントのチャレンジカップを開催。大会はユタ州の2会場で集中開催され、6月27日〜7月13日にかけて予選ラウンドが、7月17日〜同26日かけて決勝トーナメントが行われる。

 スカイ・ブルーは初戦でレインとスコアレスドローで終わり、第2戦はユタ・ロイヤルズに0-1で敗れた。第3戦のヒューストン・ダッシュ戦で初勝利を収め、2位に浮上している。次節は13日に3連勝で首位のノース・カロライナ・カレッジと対戦する。