NHK連続テレビ小説「エール」第11回の一場面 (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第3週「いばらの道」を副音声付きで再放送。松井玲奈さんが関内吟として解説を担当する。7月10日の第11回では……。

 裕一(窪田さん)は、福島の商業学校の4年生。当時大流行したハーモニカの倶楽部に入って、授業そっちのけで音楽に夢中の毎日を送っていたせいで留年し、2度目の4年生だった。長男でありながら家業のことを気にせず自分の好きなことばかりやる自由な裕一の姿勢に、弟の浩二(佐久本宝さん)は反発する。一方、商売を立て直そうとする父の三郎(唐沢寿明さん)に、吉野(田口浩正さん)という京都の業者がもうけ話を持ち掛ける。

 同回から、主人公・古山裕一の成長した姿として、主演の窪田さんが本格登場する。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で、自らも歌手になる夢を追い続ける音の、音楽と共に生きる夫婦の物語。