ソフトバンクの工藤公康監督

● ソフトバンク 8 - 12 楽天 ○
<2回戦・PayPayドーム>

 楽天が乱打戦に勝利。リーグ単独首位の座を守った。ソフトバンクは勝率5割復帰ならず。投手陣が計10四死球を与えるなど失点を重ねた。

 楽天は初回、6番・ロメロの中前2点適時打などで3点を先制。2回も4番・浅村の4試合連発となる9号3ランなどで7-1とリードを広げた。ソフトバンクに詰め寄られた6回は、代打・藤田の2点適時二塁打などで3点を追加。8回は途中出場・小郷の右前適時打でダメ押しとなる12点目を加えた。

 先発の涌井は打線の大量援護を受けながらも4回までに6失点。それでも5回を投げ切り、移籍後初登板初先発から自身3連勝とした。

 ソフトバンクはプロ初先発となった先発・笠谷が2回7失点(自責点6)、6安打2四球と崩れ今季初黒星。2番手の以降の泉、杉山、岩崎、川原、古谷の5投手も全員四球を与え計10四死球を記録してしまった。

 打線は3番・柳田が2本塁打含む3安打3打点をマーク。前後を打つ2番・今宮、4番・バレンティン、5番・明石もマルチ安打をマークしたが、投手陣が踏ん張れず勝率5割復帰はお預けとなった。