中日・与田監督

中日 5 - 5 ヤクルト
<5回戦・ナゴヤドーム>

 中日とヤクルトの一戦は、5-5の引き分けに終わった。

 中日は初回、高橋周平、A.マルティネスの連続適時打で3点を先制するが、直後の2回に先発・山本拓実がエスコバーに適時打、嶋基宏に押し出し四球、イノーアに犠飛を打たれ同点に追いつかれる。

 3-3の3回に、京田陽太の適時打などで2点を挙げ勝ち越し。しかし、4回に山田哲人に2点適時打を浴び同点に追いつかれた。5回以降は、4回途中からマウンドにあがった橋本、ゴンサレス、福、祖父江、岡田、R.マルティネスのリリーフ陣がスコアボードに0を入れ、引き分けに終了した。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された8日の中日-ヤクルト戦で解説を務めた鈴木孝政氏は、リリーフ陣について「踏ん張りましたね。一人も隙を見せませんでしたね」と振り返った。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)