テレワークでも週1回は出社したい…ハイブリッド型の働き方を希望する人の本音

74.2%の人がテレワーク勤務を希望

株式会社学情が、新型コロナウイルスの感染拡大やテレワークの推奨を受け、20代の仕事観や転職意識をひも解くためにアンケート調査を実施。まず、テレワークでの勤務を希望する人がどれだけいるのか調査したところ、74.2%の人が「テレワークを実施したい」と回答。「新型コロナウイルスの感染リスクを減らしたいから」「通勤がないと時間を有効活用できるから」「テレワークでも仕事ができることが分かったから」などの声が寄せられています。

【「テレワークでの勤務」を希望する人の声】
・満員電車に乗らないほうが、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすことができるから
・通勤がないと時間を有効活用できるから
・テレワークでも仕事ができることが分かったから
・資料作成など、自宅の静かな環境で取り組んだほうが集中できる仕事もあることが分かったから
・オンラインツールである程度のコミュニケーションは取れることが分かったから

テレワーク希望者の75.4%が「週に1回以上の出社」を希望

テレワーク希望者に、テレワークを実施したい頻度を問うと「週に3~4回」が最多で36.5%、次いで「週に1~2回」が28.1%となっています。一方、「毎日テレワークを実施したい」とした人は24.6%にとどまっており、テレワークを希望する人の75.4%は「週に1回以上の出社」を希望。20代は「出社とテレワークをうまく組み合わせた」ハイブリッド型の働き方を求めていることが分かりました。「直接顔を合わせて、何気ない会話をすることも必要だと思う」「定期的にフィードバックをもらったほうが、仕事のクオリティを高めることができる」などの声が挙がっています。

【「出社とテレワークを組み合わせた」ハイブリッド型の働き方を希望する人の声】
・直接顔を合わせて、何気ない会話をすることも必要だと思う
・テレワークだけだと、雑談やすれ違ったときの挨拶の機会がなく、社内の人間関係を良くすることが難しい
・定期的にフィードバックをもらったほうが、仕事のクオリティを高めることができる
・1週間に1回は、直接顔を合わせて進捗や仕事の方向性について確認をしたほうが、スムーズに仕事ができる
・社内の雰囲気をつかむ時間も必要
・自宅でできることはテレワークで対応し、直接コミュニケーションを取るときは出社したい
・テレワークだけだと、どう評価されているか分からない

出社日が必要な理由は、対面による意思疎通や人間関係の構築

出社したい理由を聞くと「対面のほうが相談しやすい」が最多で36.2%、次いで「社内の人間関係も大切にしたい」が34.8%となりました。20代は、「会社の雰囲気」や「良好な社内の人間関係」を重視する傾向にあるようで「対面のほうがスキルの習得や自己成長につながる」の項目も19.9%の回答を集めており、テレワークを実施する場合も、対面でのコミュニケーションを大切にし、社員同士の意見交換や相互協力のなかで成長していきたいと考えていることが分かります。

まとめ

テレワーク勤務を希望する20代が7割を超えるという今回の調査結果から、場所を選ばない働き方に対する関心の高さが伺えます。一方、テレワークを希望する人の75.4%が「週1回以上の出社」を希望しており、出社とテレワークを組み合わせた新たな働き方が求められています。今後は新しい価値観のもと、各企業が時代に合わせた働き方を提案していくことになるでしょう。皆さんもこれを機に、自身の働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「仕事観・転職意識に関する調査」
調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者783名(緊急事態宣言中にテレワークを実施した人は251名・実施していない人は532名)
調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
実施期間:2020年6月24日~30日
実施機関:株式会社学情

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:株式会社学情

執筆者:ARUHIマガジン編集部