オードリー(若林正恭、春日俊彰)、アンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣)

2020年でコンビ結成20周年、いま最も脂がのっているオードリー(若林正恭、春日俊彰)と、実力派芸人・アンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣)がタッグを組み、大喜利で100の爆笑をとらないと出られない「THE芸人プリズン」からの脱獄に挑む“お笑い”とガッツリ向き合う新番組『爆笑100個取るまで脱出できないTHE 芸人プリズン』(日本テレビ※関東ローカル)が、7月11日(土)、18日(土)の13時30分から放送される。

今回、コンビ同士として、初めてガッチリ絡むこととなるオードリーとアンタッチャブル。プレイヤー自らがお題を考える“全く新しい大喜利のスタイル”で、オードリーとアンタッチャブルの関係性やキャラクターを活かした出題&解答、そこからの派生トーク……など、お笑い番組でここまで強力なタッグを組むのは初となる2組が、これまで無かった新しく、そして過酷なお笑いを繰り広げる。

「THE芸人プリズン」に収容されたオードリー、アンタッチャブルの4人。この刑務所を出るためのルールは、「大喜利で100個の爆笑をとらないと出られない」「爆笑かどうかは別室にいる24人の看守の笑い声でジャッジ」「大喜利のお題は自分たちで考え、お互いに回答」。制限時間はなし! 果たして、爆笑を100個取り「芸人プリズン」から脱出することが出来るのか?

自らお題を考えるという新しいスタイルということで、若林のお題「人見知り芸人ではない新しいキャラを考えて」、柴田のお題「活動再開したのに思ったほど仕事が増えない理由は?」、春日のお題「カスカスダンスの上手な終わらせ方は?」など、メンバーの本音・願望があふれるオリジナリティ満載のお題が登場する。

さらに、アンタッチャブルが初めて明かした休止期間10年間の交流秘話や、「なぜここまでオードリーとの本格共演がなかったか?」の真相まで、「大喜利」を通して全てが丸裸に。番組の途中では、春日の愛妻“クミさん”もまさかの参戦!?