桃月なしこ

モデルや女優、グラビアアイドルなど幅広く活躍しているコスプレイヤー・桃月なしこが、発売中の『ヤングキングBULL』(少年画報社)の表紙に登場。桃月からのコメントが到着した。

桃月はこれで5度目の表紙登場となる。また、今回の写真は、表紙から巻頭すべてiPhoneで撮影したものとなる。

――『ヤングキングBULL』表紙巻頭出演5回目おめでとうございます。

ありがとうございます! 『ヤングキングBULL』さんには本当にお世話になっております。初めて表紙を飾らせて頂いた時には真・一騎当千のコスプレをさせて頂き、2~4回目の表紙・巻頭では桃月三姉妹と題して長女・次女・三女をコンセプトに撮っていただき、そして5回目の今回は、撮影の時期が外出自粛中ということもあり、なんと自宅撮影ということで! 本当に様々なシチュエーションを企画して頂いててすごいな! と思ってます。

――掲載されている写真が全て自宅での撮影とお聞きしましたが。

そうなんです! リアルに2年半前くらいから住んでる自宅で撮影しました! ソーシャルディスタンスを保ちながらマネージャーさんやスタイリストさんにも手伝ってもらい撮影したのですが、まー何分家が狭くて人を家に呼ぶのがまず恥ずかしかったです……(笑)。

普段の雑誌の撮影はヘアメイクさんがいるのですが、今回はヘアメイクさんがおらず、まさかのセルフメイクでの撮影でした。あまりヘアアレンジが得意じゃないので、髪の毛巻くのも精一杯なのですが、どうでしたか? セルフメイクで表紙を飾れるだなんて滅多にないことだと思うので、自宅撮影というだけでもレアなのに加えてセルフメイクというレアさもあるので、レアとレアで本当に激レアな一冊になってると思います(笑)!

普段自分のカメラで撮る時アプリで加工しているのですが、今回は全て無加工で撮ったので何が盛れてるのかもわからなくてとても不安だったのでした。でも出来栄えみたらめちゃくちゃ良くて、編集さんすごい……! ってなりました。

――撮影中にエピソードなどありましたら教えてください。

実は弟が上京しまして、もう少し広い部屋に弟と暮らすために引越しを考えていたので、部屋には荷造りされし段ボールが沢山積まれてて……(笑)。撮影は段ボールが写らない場所で撮らないといけなかったので、とっても撮影場所を選びました。あとは弟の歯ブラシとかも普通に置いてあるので、このまま撮って知らない人が見たら……。匂わせになってしまうと思って弟の痕跡を消しました(笑)。そんな楽しい撮影でできた1冊です!

(C)桃月なしこ/ゼロイチファミリア