トヨタが2000GTのパーツ復刻プロジェクトを発表!国内、海外向けに再販売

TOYOTA GAZOO Racingは、「GRヘリテージパーツプロジェクト」としてトヨタ 2000GTの補給部品を復刻し、国内、海外向けに再販売すると発表した。

当プロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というユーザーの想いに応えるべく、既に廃版となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売する取り組みである。既に2019年5月のGRスープラ記者発表会にてA70スープラ、A80スープラの部品復刻・再販売を発表しており、トヨタ 2000GTはそれに続く車種となる。

トヨタ 2000GTはヤマハ発動機(株)の協力を得てトヨタ自動車が1967年に発売したスポーツカーで、1970年の生産終了まで337台が生産された。直列6気筒DOHC 2000ccエンジンや4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、4輪ディスクブレーキ、ラジアルタイヤ、マグネシウムホイール、リトラクタブルヘッドランプなど、日本初の技術を採用し、当時の欧州のスポーツカーに並ぶ性能(最高速度220km/h)を誇った。そして、発売前にはスピードトライアルに挑戦し、台風が近づく悪条件にも関わらず、3つの世界記録(1万マイル、1万5000km、72時間)と13の国際記録も樹立し、さらには様々なレースでも優勝を含め、上位の成績を収めたのだ。また、当時日本を舞台に撮影された映画007シリーズ「007は二度死ぬ」のボンドカーにも採用されるなど、トヨタが世界に誇るスポーツカーといえる。

今回発売の品目については、部品復刻に特別に協力した仕入先および、社内の工場、関係部署にて製造に向けた準備を進めているとのこと。本年8月1日より、準備が整った部品から詳細情報を順次TGR Webサイトにて公開、オーダー受付を開始する。なお、復刻部品は通常の純正部品と同様に、トヨタの販売店で購入いただける。ただし、トヨタ 2000GTは車両の希少性、部品の転売を防止する観点から、車両のオーナーのみ、かつ車両当たり数量制限付きでの販売となる。



復刻品目(いずれも5段 マニュアルトランスミッション用) 2020年7月6日時点
トランスミッション関係 ギヤ、シンクロハブ・スリーブ、ガスケット・オイルシールキット、ベアリングキット、スナップリングキット、スラストワッシャー、シフトフォーク
デファレンシャル関係 ファイナルギヤキット、リングギヤセットボルト