RM 11-05 オートマティック フライバッククロノグラフ GMT にて新素材グレーサーメットが登場

リシャール・ミル RM 11-05 オートマティック フライバッククロノグラフ GMT に新素材グレーサーメットが登場した。

新素材開発に妥協を許さないリシャール・ミルの徹底的な研究から誕生した、ブランドの精神に忠実なグレーサーメット。時計製造界におけるリシャール・ミル独自の素材であり、チタンの軽量性とダイヤモンドの硬度を兼ね備えている。

自動巻きムーブメントにはチタンを採用。主な機能としては、9時位置のプッシュボタンで簡単に調整できるGMT表示、24時間フライバッククロノグラフ、そしてアニュアルカレンダーを搭載。グレーサーメット製のアイコニックなケースは空気力学に基づくピュアなラインを描き、サイズは 50x 42.70mm、厚さは16.15mmとなっている。

サーメットの独特なグレーの色合いは、ジルコニウムの金属マトリックスと高性能セラミックスの組み合わせによるもの。製造は、きわめて厳密に行う必要があった。様々な素材を同時に高温で加圧しながら、それぞれの特性を維持するには大変な困難を伴う。欧州の産業界における化学物質の製造・使用の安全性を確保する REACH 規制に準拠するために、超硬合金に一般的に使用されるニッケルやコバルトを組成に含めなかったため、均一な素材を製造するには一層困難を伴ったという。



リシャール・ミルは、マイクロ技術を専門とするIMIグループと長年に及ぶ共同開発を経て、不要な結合剤を取り除き、必要な材料のみを保持することに成功した。この解決策に用いられる革新的なプロセスでは、通常通り高温で圧力を加える時に強力な電流を次々に印加することで、焼結速度を促進させる。この技術はフラッシュ焼結と呼ばれている。サーメットは、密度が4.1g/cm3 とチタンよりも低く、硬度もダイヤモンドの2400とほぼ同等の2360ビッカース硬度を誇ることから、非常に傷が付きやすいベゼルに最適な素材である上、時計全体の軽量性も保つことができる。サーメットの物理特性は広く認められており、防弾用具、航空宇宙における胴体外側の部品、そしてレーシングカーのブレーキに使用されている。

RM 11-05 オートマティック フライバッククロノグラフ GMT は、カーボン TPT®製ミドルケース、グレード 5チタン製ケースバック、そしてグレーサーメット製ベゼルという組み合わせで大幅な軽量化を図り腕元に究極の軽量性を実現。世界14 本の限定エディションとなっている。