首位を走る巨人=東京ドーム (C) Kyodo News

○ 巨人 7 - 3 中日 ●
<2回戦・東京ドーム>

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-中日戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、巨人について言及した。

 巨人は4日の中日戦、4番・岡本和真が無安打だったが、丸佳浩が2本塁打を含む3安打6打点、坂本勇人も本塁打を放ち勝利した。

 川相氏は「今日(4日)は岡本が打っていないんですけど、昨日(3日)は丸が打っていないでしょ。坂本もDeNAとの3連戦でヒットを打っていないのに、昨日決勝のホームランを打ったりしている。順番にちゃんと打っている。そこが巨人の状態の良さ」と分析。

 また、3日の中日戦、代打で北村が走者一掃の3点タイムリー二塁打を放てば、代走で増田大輝が素晴らしい走塁を見せたりするなど、途中から出場する選手たちの活躍も光る。川相氏は「途中出場で出て北村が3打点の二塁打でしょう。あとから出る若手も頑張っているし、流れがいいですよね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)