連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」最終回の場面写真(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

 歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)で、7月4日に放送された最終回の「オリジナルバージョン」が5日、ABEMAで配信された。ラストシーンで放送された、アユ(安斉さん)がマサ(三浦さん)に“最後のラブレター”として渡した「M」の長尺バージョンや、アユとマサの同居生活の裏側など、未公開シーンが含まれている。

 ドラマは、歌姫・浜崎あゆみ誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作で、鈴木おさむさんが脚本を手がけた。主題歌は浜崎さんの「M」。

 最終回では、国民的スターにまで上り詰めた歌姫・アユ。2人で虹を渡ることを夢見ながら、プロデューサーのマサとひそかに愛を育んできたが、マサが社長の大浜(高嶋政伸さん)から与えられた仕事のせいで、少しずつ引き離されていく。アユは、自分が絶望的な気持ちを歌詞に書くほど、アーティストとしての評価が高まっていくという矛盾に苦しむ。2人は一緒に虹を渡ることができるのか……というストーリーだった。