ポルシェ中国市場に向けてベースモデルのタイカンを発表

ポルシェが中国市場向けに、ベースモデルのタイカンを発表した。

カラーもこれまでタイカンのカラーラインナップの中にはなかったピンク系のフローズンベリーメタリックを採用している。そして、駆動方式は後輪駆動、シングルモーターのみで、79.2kWhとオプションの93.4khの2種類が用意される。標準装備のものだと最高出力は408hp、オプションの場合は476hpとなる。いずれも、ローンチコントロールを利用することで0-100km加速は5.4秒、最高時速は230kmを記録するとのこと。



気になる航続距離は、79.2kWhで414km、93.4kWhでは489kmと発表されている。このベースモデルのタイカンはフロントにモーターを搭載しないため、他グレードと比べてフロントトランクの容量が拡大されているという。ラゲージルームの総容量は491リッターとなる。



中国での価格は88万8000中国人民元 (約1350万円)」。中国では8がラッキーナンバーとされていることもあり、中国市場での盛り上がりを期待していると伺える。他の国での導入については未定となっている。