家計簿を始めよう!と思った時に、ノートかアプリか?節約効果は高まるのか?一生続ける必要があるのか?など色々と悩ましく思うことはあるでしょう。節約して貯蓄を増やす家計簿との付き合い方をお伝えします。

家計簿を始めよう!と思った時に、どんな家計簿を使うのか、実際に節約効果はあるのか、など、色々と悩ましく思うことはあるでしょう。節約して貯蓄を増やす家計簿との付き合い方をお伝えします。

◆どんな家計簿でつける?
アプリを使った家計簿、従来のノートやパソコンの家計簿ソフト、どれがよいのか悩むでしょうが、一番気に入った方法が見つかるまでは色んな方法を試しながら、自分にピッタリの家計簿を見つけていくといいでしょう。大切なことは、家計簿をつけ始めることなので、家計簿選びにあまり時間をかけることのないようにしましょう。

◆何にいくら使っているのかを知る
家計簿の最大の役割は「何にいくら使っているのかを知る」ことです。集めたレシート、記帳した通帳、クレジットカードの利用明細書を見ながら家計簿に転記することで、食費にいくらかかっているのか?交際費にいくらかかっているのか?と項目ごとの支出金額がわかります。

ここで初めて、平均的な金額と比較することができます。平均的な金額と大幅に違う時はその原因を見つけていき、改善策を考えていきます。

家計簿をつけて何をいくらで買っているのかを知ることで、「使途不明金」が減り、買った物やお金を費やした物がしっかり活用されているかも確認できます。

◇自分と家族の適性金額を知る
1年間つけていくことで、項目ごとの適正金額が少しずつわかってきます。毎月の支出額は、季節やイベント、家族構成やライフスタイルで大きく変わります。一般家庭の平均値を知ることも大切ですが、「自分と家族が幸せに生きるためにはいくらが適正金額なのか」という数字を知ることがとても大切になります。

節約生活をするならば、生活のレベルを落とす必要がありますので、自分と家族が生活するには最低限いくら必要なのか?という数字を見つけるようにします。

◆節約したいならば家計簿としっかり向き合おう
家計簿には(豚こま200g230円)というように、何をいくらで買ったのかを細かく書いていく方法と、(●月●日食費1800円)とざっくり書いていく方法とがあります。どちらが良いということはありませんが、時間の有無で選択していけばいいでしょう。

◇時間のある主婦向け
例えば、専業主婦で比較的時間がある場合で節約したい!と思っている場合は、細かくつけていくことをお勧めします。細かくつけていくことで、何をいくらで買ったかということに改めて向き合うことができ、商品の底値や適正価格を知ることができるようになります。

◇時間のない働く主婦向け
働く主婦の場合、家計簿をつける時間がなかなかありませんので、集めたレシートと、通帳、クレジットカードの明細表を見ながら、月に1回集計していく方法等が好まれます。ざっくりでもいいので項目ごとに何にいくら使っているのか把握することが目的です。

共働きで収入が増えると支出に関しても緩くなりがちだからこそ、家計管理が大事になります。あまりにもざっくりしすぎると、支出が増えすぎた時に内訳がわからず原因が突き止められないので、レシートを貼付する方法と併用するといいでしょう。

◆家計簿はいつまで続ける?
家計簿はどのくらいの期間続けたらいいのでしょうか。

◇最低1年間を続けよう
最低1年間家計簿を続けていくと、1年間の収支が把握できます。また、月ごとにどの位支出に変化があるのかも具体的にわかってきます。このように記録として残ると、次の年の参考にもなります。

また、1年間続けることで、節約生活を時々リバウンドしながらでも取り組むことができ、少しずつ意識が変わり家計のスリム化が図れるようになります。生活費のコストがぐっと減ると当然貯蓄は増えますので、モチベーションも保てます。

◇家計簿からの卒業を目指そう
1年以上続けることで、スリム化した家計が維持できれば家計簿は卒業してもいいでしょう。数字で確認しなくても、適正金額の中で生活できれば、金銭感覚がよくなった証拠と言えるからです。それでも引越や家族構成が変わったりした場合、家計が赤字に転落した場合は、また家計簿をつけて家計をリバランスさせることが必要です。

一番いけないのは家計と向き合わないことです。家計簿でしっかり家計と向き合っていきましょう。

文=二宮 清子(マネーガイド)