ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の第5話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の新川優愛さん主演の連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第5話が7月2日に放送。新川さん演じる爽と、小池徹平さん演じる爽の夫・一真の直接対決が描かれた。視聴者からは、「小池徹平くんの役マジでクズすぎる」「最高のクズ」「小池徹平のクズっぷりが板についてきた」などの声が続々とあがり、話題を集めた。

 ドラマは、丘上あいさんのマンガ「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」(講談社)が原作。身近な人々から裏切られ、許されない純愛に揺れるヒロインが、苦悩しながら強く生きる姿を描く。登場人物が“全員裏切り者”という設定で、毎回、爽に笑顔を向ける人々の裏切りが発覚する。

 第5話では、爽が出ていってからというもの、荒れた生活を送っていた一真のもとに、不倫相手の瑠衣(中村ゆりかさん)が訪ねてくる。自暴自棄になった一真は、瑠衣を強引に抱こうとするが、最低な振る舞いをする一真に、瑠衣は平手打ち。一真は、瑠衣の前で、どうしていいか分からないとぶざまな姿を見せる。

 そんな中、爽は、一真と直接会ってけじめをつけることを決意。レストランで久しぶりに再会すると、一真は、もう一度話し合いたいと懇願する。爽が「いるんでしょ? 子供」と迫ると、一真は観念したように、爽と結婚する前に別の女性と結婚していたことを告白。一真が結婚していたとまでは思っていなかった爽は、予想を上回る告白にショックを受ける。さらに、一真と瑠衣の関係がまだ続いていると知った爽は、逆上。その怒りを抑えるために、自分の左手にフォークを突き刺し……という展開だった。

 今回の直接対決シーンについて、小池さんは「本当に残念な男だな、と思いながら芝居をしました。ちょっとでもさーちゃんに『ごめんね』という思いを伝えたいんだけれど、どんどんイラつかせていく、というシーンです」とコメントしていた。

 視聴者からは、「小池徹平嫌いになりそう」「小池徹平がくずだなぁ」「ドクズ役がなかなかにハマってる」などのコメントが並んでいた。