ロッテ・岩下大輝

● 楽天 5 - 8 ロッテ ○
<3回戦・楽天生命パーク>

 ロッテが同率で迎えた首位攻防第3戦に勝利。連敗を「2」で止め再びリーグ単独首位に立った。

 ロッテは2回、7番・井上が左翼席中段へ着弾する2号2ランを放ち先制。同点に追いつかれた直後の3回は、3番・清田の右前適時打で再び勝ち越した。5回は3四球で二死満塁の好機を作り、5番・マーティンの左前2点適時打で5-2。その後、再び二死満塁とし、井上の押し出し死球で6点目を加えた。

 7-3で迎えた7回には、マーティンがこのカード3戦連発となる3号ソロを右翼席へ。マーティンは2点適時打とソロ弾で計3打点。井上も先制2ランと押し出し死球で同じく3打点をマークした。

 先発の岩下は2回、6番・ロメロに同点2ランを浴びるも、3回以降はしっかりゲームメイク。5回に失策絡みで1点を失ったが、5回6安打3失点(自責点2)の内容で開幕から自身2連勝とした。