モナコはオーリエ獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 モナコはトッテナムに所属するコート・ジボワール代表DFセルジュ・オーリエの獲得に関心を示している。2日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 オーリエは今シーズン、アトレティコ・マドリードへと移籍したイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの退団を受け、第一候補として先発メンバーに定着している。なお、新たに指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督は同選手を高く評価しており、その期待に応えるパフォーマンスを見せている。

 しかし、ピッチ上では良い成果を残しているオーリエだが、プライベートでの問題行動が原因で今夏の移籍市場にて売却を強いられる可能性があるようだ。同メディアによると、モナコが獲得に興味を示しているという。果たしてオーリエは約3年ぶりのフランス復帰となるのであろうか。