注目女優 高石あかり、舞台「鬼滅の刃」で演じた竈門禰豆子役を語る

女優の高石あかり(※高橋の「高」は「はしごだか」が正式表記)が30日(火)発売の『月刊エンタメ』8月号(徳間書店)に撮り下ろし写真とともにインタビューで登場した。

【写真】笑顔が輝く高石あかりの撮り下ろし写真

ダンス&ボーカルグループ・α-X’s(アクロス)に所属後、2019年に女優として本格活動した高石あかり。舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 3~」「鬼滅の刃」など話題作に出演し、その才能を開花させている。

『月刊エンタメ』のインタビューでは、女優を目指したきっかけやこれまで出演した舞台のことを話しており、舞台「鬼滅の刃」についても「最初はもうプレッシャーしかありませんでした(苦笑)。でも、大好きな作品だったから『絶対にこの役を掴むんだ!』とオーディションに臨んで役をいただくことができたという経緯もあったので、喜びを感じながら舞台に立ちました」と熱い想いを語っている。また、笑顔満載な撮り下ろし写真にも注目だ。

【あわせて読む】高石あかり 舞台『鬼滅の刃』で得られた事とは?『バレンタイン・ブルー』ではチアリーディングに初挑戦

▽『月刊エンタメ』8月号
発売日:6月30日(火)
定価:850円(税込)
Amazonはこちらから
HMV&BOOKS オンライン【限定特典付き】はこちらから
セブンネット【限定特典付き】はこちらから