しまむら、今秋から本格展開で今期EC売上20億円へ 店頭受取専用のECアプリ「しまコレ」は終了

しまむらの2020年3−5月期(第1四半期)のEC売上高は、5億円だった。現在はネットで注文し、店頭で受け取るスマホECアプリ「しまコレ」のみの展開。今秋には商品の自宅受け取りが可能なECサイトを開設し、2021年2月期のEC売上高は20億円にまで伸ばす計画だ。「しまコレ」はECの本格展開とともにサービスを終了するという。

2019年1月に「しまコレ」の提供を開始し、2020年5月末までにダウンロード数は100万件を突破している。2020年2月期のEC売上高は9億5000万円だった。


EC売上高と会員数の現状と計画(決算資料より)

「しまコレ」のダウンロード数は伸びているが、コロナ禍で一部の実店舗が休業したり、営業時間を短縮した影響で、店頭受け取りの利用は思うように伸びなかった。4月中旬には、週別の全体売上高が、前年同期比53.6%減と大きく落ち込み、会社全体としてコロナのマイナスの影響を受けている。

現在、EC専用の物流センターを構築しており、今秋には稼働し、EC展開を本格化する。ECはホームページと公式スマホアプリから利用でき、送料無料の店頭受け取りと、送料がかかる自宅受け取りを選択できるようにする。


既存センターを増築し、EC専用の物流センターを構築(決算資料より)

2021年2月期中にECサイトの会員を200万人にまで拡大し、EC売上高は約20億円を計画。2022年2月期にはEC売上高を25億円まで伸ばす方針だ。