映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」主演の清原果耶さん(C) 2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

 女優の清原果耶さんが、自身初の主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」(藤井道人監督)の主題歌を担当していることが7月1日、明らかになった。楽曲はシンガー・ソングライターのCoccoさんによる書き下ろしで、タイトルは「今とあの頃の僕ら」。主題歌が収録された映画本予告も同時に解禁され、清原さんの伸びやかな歌声が披露されている。また、本作が9月4日に公開されることも発表された。

 映画は、野中ともそさんの小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫)が原作。平穏な生活でも悩みがある14歳のつばめ(清原さん)が、ある日、満天の星が輝く夜にド派手な身なりで底意地の悪い、あやしい老女“星ばあ”(桃井かおりさん)と知り合う。お互いの心のどこかに開いた穴を埋め合うように距離を縮めていく2人だったが、つばめにある事件が起きる。最後に明かされる“星ばあ”の正体とは……という内容。

 映画には伊藤健太郎さん、吉岡秀隆さん、坂井真紀さん、水野美紀さん、山中崇さん、醍醐虎汰朗さんらも出演する。

 本予告では、「私は今のママが産んだ娘じゃない」と悩むつばめが、星ばあと出会い、笑顔を見せ始める。「私もちゃんと家族になれるかな」と、両親に赤ちゃんが産まれることの不安を打ち明けるつばめに、星ばあは「しぶとく生きろ」「屋根の下でいろんな時間積み重ねて家族になるんだろ」と力強い言葉をかけ、歩き始めたつばめに起こるさまざまな出来事など、2人のひと夏の思い出が描かれている。